いらん事、思い出した。

昨日の佐用を中心とする豪雨災害のニュースの後で、
今朝の静岡沖地震の大被害のニュース。

あ、
きっと東京周辺の人は、
兵庫や岡山で起こった水害で被害を受けた人々のことなんか
コロッと忘れてしまうんだろうな、
目立つ大災害のことを中心にマスコミは報道するからなあ


ちょうど
台風23号の水害で
実家が円山川からの泥水で水浸しになり
交通が一部復旧して
規制して後片付けをしていたときに
新潟県での大きな地震の発生のニュースを見ていたときの
なんともやるせない気分を
思い出してしまった。

現地になれない人のボランティアよりも
土地にある程度なじんでいる人後からのほうがずっと役に立つ
安全地帯にいる人が
ある意味親切の押し売りで渡そうとする物資よりも
求められるのは
実際に必要としている人のニーズに答えられる
(そして刻々変わる状況にも形がないので対応できる)
現金だ、
ってことも思い起こされた。

日常生活を取り戻すまでにはけっこう時間かかるんだよな。
傍目にはたいした被害がなかったように思えても

家族を失ったり
大切なモノを失った人の場合は
もっともっと時間がかかってしまうんだよな。

人気ブログランキングへ
[PR]

by gabefunyaa | 2009-08-11 14:25 | 天変地異 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/11705407
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by peugeot206ccs16 at 2009-08-15 13:34
幸運なことに生まれてこの方、大災害に巻き込まれたことが
ないので、ちと耳の痛い話だったりしますが。でも、おっしゃる
ことごもっともだと思うわけです。自分が仕事中に震災に遭うと、
たぶん家まで帰れない(70km超あったりするので・笑)。とか
思ったりすると、心底怖いな、と想像レベルで思ったりします。
Commented by gabefunyaa at 2009-08-15 15:26

>ぷじょーさん
いつもすれすれのところで(ここで例に挙げた台風の水害のときは実家にいなかったし、阪神大震災のときは住んでた住宅にはほとんど被害なかったし)大被害には遭わずに済んでます。
それだけに、完全他人事状態のマスコミや、人の良心につけ込む輩には腹が立っております。
今回の水害でも早くも義捐金詐欺が出たんですよ!!

なかなか生活が落ち着かない人も多い中、ちゃんと信頼できる(自治体or日本赤十字の)義捐金活動が始まったら協力しようと思ってます。
兵庫県内、あちこちと引っ越してますが西播の山の中(まさに今回の被災地)は、私にとってはまったく土地勘のない場所なので。

それはそうと、職場と家が70km超ですか!?
根性のない関西人には無理です。自宅から職場の距離は短めです。
(現在、自宅から職場まで1時間以上電車に乗る通勤をしていて言うのもなんですがw)
橋さえ落ちなければ何とか歩いて帰れますよ。(20キロで5時間ですからね)

<< なんだかなあ・・・。vs読売@... さてさて、どうなることか。 >>