信じられている俗説って

ストレスと体重の増加、関連性は低い=英研究(ロイター) - エキサイトニュース

案外こんなオチが待っているのかもしれません。


ええと、
私が胡散臭いと思っているのは

朝食を食べる生徒の方が成績がいい

です。人気ブログランキングへ





生活レベルが高い生徒のほうが成績がいい

生活レベルが高い生徒のほうが朝食を食べる割合が高い

という
2つの事実から
そう見えてしまっているだけのようですが
「朝食を食べると成績が良くなる」みたいに思われているようです、
[PR]

by gabefunyaa | 2010-11-02 20:57 | あれこれ | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/14334146
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by おりがみ at 2010-11-03 22:08 x
成績を上げるためにご飯を食べてるんじゃないですよね。
生きるために食べるのです。
幼児期ならとにかく何かすこしでもいいから朝お腹に入れてきて欲しいでわ。朝ご飯抜きのコは遊ぶのもイライラしてチートモ楽しめない。給食室前に座りこんでます。
朝ご飯は食べないよりも食べた方がいい。
成績なんてどうでもいいから・・生きる為の大事なことなんだよーと言って欲しいです。

「食育」と言う言葉自体が私は「胡散臭くてたまらない」です。
Commented by gabefunyaa at 2010-11-05 08:23
☆>おりがみさん
『知育・徳育・体育』で十分なんじゃないですかなあ。食育なんてわざわざ造語を作らなくても。
体育がスポーツの事だけにかたより、知育が「目に見える学力」のことにかたより、徳育が「狭い意味の道徳教育(人工的な『愛国心』も含む)に偏ってしまうあたり、なんだかなあ・・・。

かならずしも整ったメニューの朝食である必要はなく、
一日を楽しく過ごすエネルギーを入れてくる、
それが朝ごはんの役割なんですよね。

<< のど元過ぎれば 不規則な毎日 >>