何でもかんでも略せばいいというものでは…

と思ったのが
この
「あけおめ」(以下略)という表現でした。
「あけおめ」いつから使われるようになった?女性コラム - エキサイトニュース

なんで以下略なのか、って?
「あけ(まして)おめ(でとうございます)。こと(しも)よろ(しく)。」
「あけおめ」はまだしも、「ことよろ」は略語としてセンスが悪いし、
若い女子が
「あけ○○○」ってのは、ねえ(苦笑)

さて、略し方といえば
半端ねえ=パねえ
一般教養科目=ぱんきょう(1980年代半ば、一部地域の大学生の用語)
というのがあるんですが

それにならえば
2010年話題の中心だった
市川海老蔵=川エビ
ってことに。
川エビはよく淡水魚の水槽に、賑やかしとして入っております。
人気ブログランキングへ

[PR]

by gabefunyaa | 2011-01-02 18:38 | あれこれ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/14685602
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< すまん、汲み取りかとww こんなの、よばれております(笑) >>