しばらく読んでへんかった人のブログをさっきたまたま見て

あ、
というか、
この人は
若いんだろうけど古いんだな、とそう思った。

自分をまずカテゴライズしたり、人と比較するところにこだわっている
そういう気がした。

それはそれでほかの立場の人から見たら美点なんだろうけど。

次男とか長男という立場で逃げられるってのは
自分の家族が世間的な意味で機能している人にのみ許された特権だったりします。

ええ、
私なんか、上に異母兄が3人もいるのに
そのうちの1人は
他人のところの戸籍上は実子として育ってるし
あとの2人は
私と同じ公立高校の出身なんだけど、
同窓会名簿見たら、
上のほうは住所非公開扱い(理由はわかってる)だし、
下に至っては連絡先不明者リストに載ってるしさ(爆)
ま、
小さいうちに父が私を跡継ぎ=墓守に指名したのも先見の明
・・・大ありってことで。
それはええんだが
牛さん、そんなこんなで我が家の婿養子。
牛さんは次男。
牛さんには兄がいるんだけど、
牛さん兄のところには子供がいない(はず):何分行き来がないので知らん(苦笑)

で、
牛さんの実家には牛さん母の入っている墓がある。
あの墓、この先どうするんかなあ。
牛さん父が死んだときはあそこに入るとして、
牛さん兄がちゃんと葬式出してくれるんだろうか。
牛さん兄が死んだあと
(私もたいがい変わり者なんですが、その私の目から見てすら)変わっている
牛さん兄の配偶者
(牛さんに、「ねえさん」とは呼んでほしくない、といったそうな。身内じゃないからだってさ。
日本の民法の規定をなめてますなあ。
牛さん兄が死んだら、「姻族関係終了」の手続きを牛さん父が死んだあとなら
ちゃっ茶としてもらおうと思ってますよ、私)

どうするのか心配だったりしてますからね。


人気ブログランキングへ

[PR]

by gabefunyaa | 2011-01-24 21:53 | あれこれ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/14801463
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< モバイル環境復旧(笑) ひさびさに >>