半ば公人であるという意識の必要性

いろいろニュースが出てきて、
前に出てきたニュースはどっかへ行ってしまう、という今日この頃ですが、
あえてちょっと前のこの話を蒸し返します。
【2ちゃんねる】広島カープ所属の弦本悠希投手が厳重注意を受ける スポーツコラム - エキサイトニュース

独立リーグの選手、というのは一部の熱心なファンからしか見られない
でも、
NPB所属の選手は
そのチームの古参のファンからも
それ以外のチームをひいきにしている
「プロ野球一般のファン」からも見られているのです。
半ば公人である
という立場。
それに対する意識が弦本選手に足りなかった
といってしまえばそれまでなんですが、
指名される前後に
プロ野球選手とはどうあるべき存在なのか、
ということを伝えなかった
スカウトにも今回の騒動の責任の一端はあると思います。

そんなこと言われなくても大人の常識としてわかるだろう、

思う人も多いでしょうが
自分自身の若いころを振り返ってみても
言われて初めて
「ああ、あれはまずかったのか!」
と思うような経験があるはずです。
やっぱりその辺もきっちり伝えて、
いらない騒動を起こさずに済むように
若い選手を導かねばいかんのです。
かつてのダルビッシュ騒動(喫煙発覚、だったっけか?)の
教訓がしっかり生かされていれば、
なかった騒動かもしれませんな。

あ、昨年の今頃、飲酒マナーが悪すぎて
物議を醸していた高卒ルーキー
(当然その時点では未成年。でも法的に罰されるのは酒を提供した側のみ)
もいましたっけか。

人気ブログランキングへ←この文字列のクリックよろしく。


[PR]

by gabefunyaa | 2011-02-22 20:55 | カープ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/14955434
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 名前は一生もの 昨日急に温くなったわけですが >>