名前は一生もの

大宙(てん)希星(きらら) キラキラネームに先生頭悩ます社会総合 - エキサイトニュース

おそらく名づけの時には親御さんはそんなこと考えもしないのでしょうが、
特殊な事情で改名する
(一般家庭→僧侶になって、戸籍上の名前も僧侶らしい名前に変える)
ということでもない限り、
一生ものなので、
・読みやすい
・書きやすい
そういう名前を付けてやるのも親の務めという気がするのですがどうでしょう?

見当もつかない読み方でなくても
「普通の読み方」を外れるほうが子どもにとっては迷惑ではないでしょうか。

彌生
この名前、みなさん、どう読みますか?

人気ブログランキングへ←この文字列のクリックよろしく。






やよい、じゃないんですわ。

ふっと見ると、テストの氏名欄に
彌生(みお)

必要もないのに振り仮名つきで名前を毎回彼女、書いておりました。
もう40歳ほどになっています。

もしも彼女が子持ちであったとしたら、
「キラキラネーム」の名づけは、絶対にしないことでしょう。
[PR]

by gabefunyaa | 2011-02-23 15:22 | あれこれ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/14959083
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 多様な人生がある時代に役に立つ... 半ば公人であるという意識の必要性 >>