むずかしいなあこりゃ・・・

低レベル放射線の被ばくの人体に対する影響については、
私の見た2005年に発行されたある資料のPDF版を見ると
いろいろな立場があって、
研究者の間でも意見の統一を見ていないようだ。

ただ、
あれこれ見ていてわかったことは、
・東日本の自然放射線量は低い
(特に関東平野。関東ローム層に花崗岩がおおわれているためと思われる。
花崗岩は簡易線源としてもちいることもあるように、放射性元素を含む鉱物を含有。)
・比較的高い西日本の自然放射線量をバックグラウンド、としてみると
やはりとある県の原発付近は有意に放射線量が高い。
(ごくわずかな違いなんだが、誤差の範囲とは思い難い。)
・疫学的には、低レベルであっても、小児は成人に比べ顕著に影響を受ける

こりゃあ、福島県の現場の防災担当者は、大変だと思います。

やらんとあかんことは、
不安になるのは情報の出し方に問題があるからかもしれないので
スリーマイル島の事故を経験している専門家に、
住民への情報をいかに出すか
について助言してもらうことだと私は感じました。
あと、
もっと遠くまで離れたい、という住民のためには、
自家自動車での移動を希望する者にはガソリンを、
そうでない者のためには、移動のためのバスなどを
移動先の避難所の確保とともにしたほうがいいでしょうか。

適切な情報としっかりした避難所の確保で
住民の皆さんの不安が少しでも薄らげばいいのですが・・・

人気ブログランキングへ

[PR]

by gabefunyaa | 2011-03-16 16:24 | テーマトーク | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/15060453
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 【追記あり】どうしても現地に物... こんなん買ってみました。 >>