よそ様って大変なんやなあ。

夫婦で「お金」のこと、話していますか(Excite Bit コネタ) - エキサイトニュース
いやはや、
収入が住宅ローン組んだ当初より200万ほど落ちてるけど
こんな極端なことにはなってない我が家としては
いちいち突っ込みたくなったんですわ。

「相談に来られる方で最近多いのは、『夫が隠れてキャッシングしている』というケースです。夫のキャッシングには様々な理由がありますが、最近特に目立つのは、奥さんが一人で家計管理をしている“恐妻家”の家庭。こんな時代ですので、収入が減っている会社などもたくさんありますが、収入が減ったことをダンナさんが奥さんに言えない場合が多く、減った分をキャッシング→それがたまって百万円単位になったとき、追い込まれて初めて奥さんに話す→夫婦関係破綻、というパターンが実に多いんです」
奥さんの“しめつけ”から、うつ病になり、働けなくなる夫も多いそうだ。

現金支給じゃない場合
収入が減ったことは夫が妻にわざわざ言わなくても、口座の入金額でわかるはずなんですが。
本当の意味で奥さんが一人で家計管理しているのなら、
夫は毎回給与明細を差し出しているはずなので、
言えないもへったくれもないと思っちゃうのはおかしいでしょうか?


ま、うちの牛さんの会社の社宅に住んでいた頃
(私はその環境+なし崩しに専業主婦であることがが嫌で嫌でたまらなかった。
欝状態になったくらいですわ・自爆)のことなんだが、
家計管理(=日常の生活を賄うこと)だけは妻に任せているが
給与明細や源泉徴収票を一切渡していない
というご家庭
が珍しくなかったんですよね。
共働きでどんぶり勘定ってのが普通だった両親
→収入の少ない父が若死に。別段金銭的には困らず
という生活経験を持っている私にとっては
わけわからんわあ。ありえへんわあ。だったのですが
どうも、そういうご家庭は珍しくないのかもなあ。

一方、奥さんの場合は、「買い物」によるキャッシングが積み重なり、やはり夫に言えず、百万円単位になって相談に来るケースが多いのだとか。
これは、金銭感覚ではなく、「買い物中毒」など深刻なもんが隠れてそうですなあ。
私なんか、一日に使う金額が10000円を超えるとおなか一杯になります。
家族教養のものの費用は牛さんに出してもらいますが、
自分のための買い物は自分の稼いだ身銭を切ることになるんで、
・・・百万円単位なんて無理っすわ!

どんな家庭に、多いのだろうか。「追い込まれてしまうのは、“会話がちゃんとできていない夫婦”に多い気がします。収入が減ったことを奥さんに言えないのも、生活費が足りないのに見栄をはって、高い授業料をキャッシングするのも、同じ理由ですよね。子どもの教育に関しても、夫婦での共有ビジョンは必要です。家計が厳しいのであれば、教育方針の立て直しをするなど、夫婦での柔軟な話し合いを」
収入が減るってことならば、
住宅ローンの繰り上げ返済や、教育についての金銭支出方針の話をするのが
あったりまえですよねえ。
生命保険料のこととか、いくらでも
仲がよかろうが悪かろうが「家族」という機能体であるからには
ちゃんと話し合う(子供が大学生くらいなら、子どもも当然交えて)
んでなきゃおかしいと思うんですが、


今や幻想っぽい
夫婦(夫は企業戦士、妻は専業主婦)+子供2人(男女1人ずつ)
って「標準的」家庭は
話をする糸口もつかみにくくて大変なのかもしれませんわ。

ひょっとしたら同世代のいわゆるエリート層のほうがドツボなんかもなあ。

いつでも何らかの小さいトラブルが生じているくらいのほうが、
こと大きなトラブルとは無縁なのかもしれません、ハイ。
[PR]

by gabefunyaa | 2011-06-03 14:38 | あれこれ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/15682899
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 良くも悪くも目立つのは東出 味覚には個人差あるからなあ >>