学力低下を嘆く前に (2)

中学・高校のの進路指導は
上級学校(あるいは求人を出してくれる企業)への振り分け指導
との揶揄がなされ続けています
その反省からでしょうか
近年 中学・高校での総合的学習の時間に
「なりたい自分を探す というパターン」が増えてますが
経験も知識も少ない中学生では
「探すのではなく可能性を育てる事」のほうが必要ですよね
高校では 
「なりたい自分を探し
それを実現できる上級学校への進学を勧めるパターン」に
ならざるを得ないようですが
(なにぶん就職状況が厳しいのです
こと普通科高校では 求人件数がないも同然)
進学した学校へ過大に期待すると裏切られることが多いこと
語られる機会は少ないですね




ichirokun24さんに 学力低下を嘆く前に(1)(12月24日投稿)への
コメントとしていただいた御意見です
>皮肉な見方ですが、大学進学にしても、就職にしても、悪い情報はまず内部に知り合いがいなければ、でてきません。つまり、そこに編入、再就職といったビジネスが生まれるわけですよね。
>なんか学校から社会に出てもうまく利用されてる気がしてなりませんね。
>英会話もその一例かもしれません。
>英会話は別として、情報という点では、社会的、人的ネットワークが重要だと改めて感じますね。
はい まったくそのとおりなんですよね!
教員には学校以外の世界にネットワークを持たないヒトが多かった
これからはそうではなくなって行くものとは思いますが(汗)

たぬきが問題視しているのは
現在の進路指導においては 
ほぼ「被用者としての自己実現がゴール」ということです
したがって「被用者で無い立場での自己実現のための教育」を
受ける機会はまず ないのです
生徒の中には自営業の事業継承予定者もいれば
プロスポーツ選手(これももちろん個人事業主)
になるものもいるということ
これらの進路を取るものが少数者だから
・・・抜け落ちてしまっているのです
被用者で無い立場での自己実現のための教育」となると
流行りの起業家教育でなければならない 
と思ってしまう教員もかなりいますし…
高校卒業後すぐに 被用者で無いプロスポーツ選手になると
金銭感覚がいかれてしまうのかもしれません

なお 年俸が安い契約内容であるプロスポーツ選手を
一般の就職先の1つ、すなわち
被用者である 社会人スポーツ選手と同じに分類されると
どっかの高校野球関係者は勘違いしてる感じです
勉強してよね、その辺りもちゃんと!
参考記事は 地域に根付くか四国独立リーグ
この最終段落部分
じゃあ あんたら 年俸が高いNPB所属なら就職先として送り出せるのか?
社会人教育が行き届いていて選手やOBのモラルがちゃんとしている と
本気で信じてるのか? 

先日の 小川 博 元投手 逮捕でかなりがっくりしており
某球団の選手の起こした
さまざまの事件揉み消しについての話を小耳に挟んだことのある
たぬきは この高校野球関係者に問いたいですね
(ちゅうか 高校生の時に最低限のモラルを育てましょうや!)
[PR]

by gabefunyaa | 2004-12-30 17:22 | 教育談義 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/1572559
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by rabbitfootmh at 2004-12-31 11:14
これまでは「会社員(サラリーマン)」は、主体性を許されない「歯車」だという考え方が多かったですが、最近は、「企業内起業者」なんて存在もアリになってきてますから、被用者であろうが経営者であろうが、いかに主体的に仕事をしてゆくかが重要になってくるのではないでしょうか?
でも、ガッコのセンセイって、「歯車」になるのを憎んでる人たちが多いのよねえ・・・もう、マルクス主義的ルサンチマンは捨てた方が良かないか?
Commented by gabefunyaa at 2005-01-02 20:31
不思議なことに、私自身が児童・生徒だった頃に接した教師たちにも、いまの職場仲間にもあまり「歯車」になるのを憎んでいる人達はいませんね。マルクス主義者はけっこう多いんだけどね(苦笑)
なお、(まめ)たぬきの文脈中では、「主体的に仕事をしていくかどうか」は区分の基準ではなく、「社会保障あるいは納税を無意識にしているかどうか」が被用者と個人的事業主を区分する違いだと考えて書いております。

<< 良いお年をお迎え下さい 「困ったもん」のその後 >>