そら、当然ありでしょう。

パソコンのストレスから眼を守るためのメガネ(Excite Bit コネタ) - エキサイトニュース

度付タイプが出ないことには恩恵を受けられないとはいえ、
果たして、
強度乱視(近眼はたいしたことない)で、乱視の軸の入り方がひどい
そして左右が不同視(近眼の度数に差がありすぎるため)の私に合う商品が
店頭にあるのかどうか。

で、
青色光から目を守らなきゃならないということは
それよりもエネルギーの高い紫外線から目を守る必要がある
ってことですわ。

まぶしく感じているかいないかではなく、
目が紫外線をあんまり浴びると「白内障」の原因にもなるそうです。
屋外で野球観戦ってことは紫外線浴びまくり。
特にファームの試合を見るのが趣味だと
・・・ほとんどがデーゲームですからねえ。
紫外線が強くなる3月~9月がファーム公式戦のシーズンでもありますし
メガネの上からかけるタイプのサングラス

注)サングラスの色が濃いと、かえって瞳が開き多くの光を取り込んでしまうんで
 紫外線を防止するには色が薄い紫外線カットのサングラスが有効
を買わんとアカンやろなあ。
40代後半だし、
白内障リスクには気ぃつけんとアカンからなあ…。

あ!パソコン用の度付メガネ
老眼と近眼の両用タイプレンズもあるんだろか?
[PR]

by gabefunyaa | 2011-09-26 18:41 | 消費 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/16347360
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by AK at 2011-09-28 17:56 x
私の親類の塗装業の者、やはり若いうちからバンバン紫外線当たる仕事ですから、50で緑内障手術やっていました。

紫外線で思い出したが、最近久しぶりに神田正輝を見てあまりの老けように驚きました。彼はスキーはプロ級(毎年、神田正輝杯が長野県で開催されているはず)、テニスに海にゴルフ、とまさに太陽燦燦アウトドア派。故に顔のしみがすごかった。
Commented by gabefunyaa at 2011-09-28 22:08
☆>AKさん
コーカソイドに比べると、モンゴロイドはまだ皮膚については紫外線の害を受ける程度が生易しいようです。
南半球ではオゾンホールのために、紫外線量が半端なく、
コーカソイド中心のオーストラリアでは日焼け防止に努めているとのこと。
しみ・しわではなく、皮膚がんを発症しかねないからだそうです。

<< どうした、サファテ?? 相手次第のネコの目打線なのか?? >>