法則もへったくれも

女子高生のスカート丈に法則が!?
なんて言われると「それっぽい」のではありますが、

どんな事柄でもいかようにでも解釈は成り立つ、んじゃないでしょうか。

日本だけでなく、世界的に景気が上向くとミニが、沈滞するとロングが流行る傾向があるというのは聞いたことあります。
なんていうご意見
が紹介されておりますが、
これが仮に命題なら反例が1つでもあったらだめですよなあ。

はい、反例:
今よりもよっぽど景気良かった平成2年ごろの
播州地方の女子高生のスカート丈は今よりずっと長かった。
長くさせないために服装検査があった始末。
で、
平成15年ころの神戸あたりの女子高生のスカート丈は、
今よりもやや短め。
短くさせないために教員が声掛けをしておりましたよ。


人気ブログランキングへ

[PR]

by gabefunyaa | 2011-11-01 21:21 | テーマトーク | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/16609563
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 単にマックといったなら、 ひとつ前の記事よりこっちが本題... >>