ドン引きしてスルーでしょうけどね。

ドヤ顔で放射能情報を送ってくる人に困惑…
まあ、私なんか
下手に理系出身なもので
(大学4年の時には、放射性物質取扱い者講習にでたくらいですから)
はいはい、放射能ね、
人体というか遺伝子に悪影響出るわな、ある程度はな。
という
冷めた目線になってしまっているので、
放射能情報を送って来られても
「福島の事故前のデータがないから、
事故によって放射能汚染が引き起こされたのかどうか
はっきりとは言えんがな。
(世田谷の民家の例は、
「放射性ラジウム含有物」が長年おきっぱなしになっていたからでしたしね)
その前できたら2011年の1月あたりの観測データを見せてくれやー。
と思ってスルー。
なおもしつこく送って来られたら
タイトルのようになるだけですね。

直ちに健康への影響はない
っていう文言がアカン、として叩かれてますが
直ちに健康への影響があるようなレベルの放射線って・・・おい(アセアセ)
低レベル放射線被ばくの経年影響データがないのに
こんな害が出ます!って言いきることできるんだろか、とかも思います。

あんまり大きな声では言えませんが
大気圏内での核爆発実験が繰り返されていた頃
放射性核種を含む塵が大気中に散乱していたらしいです。
その頃の汚染度合いと比べてどうなのか、
といった話もしていただきたいですね。
人気ブログランキングへ

[PR]

by gabefunyaa | 2012-02-05 19:50 | テーマトーク | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/17749169
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by AK at 2012-02-15 13:45 x
所沢ダイオキシンのときも「直ちに」の表現でした。
反原発派の「煽り」もあの頃のテレビ朝日に似ている。呆れて物が言えない。末路も似てしまうでしょうね。
Commented by gabefunyaa at 2012-02-15 20:39

>AKさん
実は1960年代は、大気中の核実験でけっこう放射性物質に汚染され、
その上母乳のダイオキシン汚染もかなり高かったそうです。
しかし1960年代後半生まれの我々の世代に際立った健康被害があるかというと(ry

<< 抜くのは確かに痛いよ。 理系だと手に職だから就職しやす... >>