そういう見方になるんかいw

就活にも社会人生活にも強いのは「学生寮出身者」
高校までの学生生活とは異なり、クラス単位での行動がなくなる大学において、寮という固定されたコミュニティに所属することで人付き合いの輪に入って人脈を広げられるというメリットもあるだろう。

学生寮出身の私としては、タイトルのように思ってちょっと苦笑してしまいました。

記事からの引用部分についてなんですが、
クラス単位での行動がなくなるってあなた、
国立大学理系だったりすると、
場合によっては1学科の人数が40人程度と高校のクラスと同じ規模
(私が大学生だったころは、1学科25人、高校のクラスが45人だったのでww)
必修科目が多いので学科内がコミュニティであります。

ということは、
理系出身が就活で有利とされるのも
固定されたところで人付き合いの輪に入れる
からなんでしょうかねえ?
人気ブログランキングへ

[PR]

by gabefunyaa | 2012-02-28 19:12 | テーマトーク | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/17882653
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by AK at 2012-03-04 14:56 x
私の学校では寮=○○派の巣窟、でしたので、そういう人のほうがちょっと…という場合が多かったですね(まあ当時の大学進学率考えれば、所詮親はいいとこの人というパターンが多いですから、親が泣きを入れて一筆書かせて手打ち、ってパターンが多かったと思いますが。で、就職後は一切寮時代の人とは縁を切って生活、と)
Commented by gabefunyaa at 2012-03-04 15:04

>AKさん
○○派というと「アジテーション文字による手書き看板」という特殊能力を発揮する集団でしょうか?
うちはのんびりした寮でした。
ただ、もともとは真面目な奴で「○○解放同盟」に深入りした馬鹿が出まして、とある学生をターゲットにしようとして、大変でした。
私は但馬人なので「八鹿高校事件」(軟禁経験者が、高校でお世話になった先生方にいた)の記憶があり、
被害者を出さないようにしなければ…とハラハラしてた覚えがあります。
Commented by AK at 2012-03-05 18:03 x
うちの方は部落問題というのが無いに近いのですが、浄土真宗が強い地域、ということで、お寺さんの子は大概西なら龍谷大、東なら大谷大と行くわけですが、60~70年代は宗派自体が急速に左傾化した時期(お東騒動)。指導者も末端の学生もそういった組織、左翼運動にのめりこんでいった時期だった、というわけでそのまま寺に帰らず「活動家」になってしまった話、寺に帰ったは良いが親や檀家とそりが合わず孤立して自殺してしまったという痛ましい話が結構ありました(地元は保守王国・自民党王国で、檀家には戦没者遺族も多いわけですから、「護国神社には参拝するな」だの「侵略戦争!」だの言われたら檀家が怒り出すのも無理は無いわけです)
Commented by gabefunyaa at 2012-03-06 19:47

>AKさん
なるほどー。実家のあたりはあんまり特定の宗派が多い、って感じじゃなく、檀家も多くないので僧侶=兼業教員って状況なのでそんな感じはないですね。

<< 確定申告終了 アレ? >>