そんなん言うんやったら、わしらのことだってw

世代の呼び方に関する不公平感
ちょうど10年上、
1966年生まれのワシとしては
わしらの世代の呼び名こそ何とかしてほしいわけよ。

まず、わしの生まれ年の日本人限定のコレ。
イマドキ十干十二支で呼ばれるのは、わしらだけよ。
「丙午」→出生人数が少なく、高校は入学定員が減ったが(行政サービスだからか?)
     大学のほうは入学定員が変わらないので有利とか何とか吹聴された。
  あ、ワシは雌狸なんで
 丙午の女は云々
 があったから出生人数が少なかったことについては、もう苦笑するばっかりよ。

それから、いつも年長者は若い奴をあれこれ言うもんだけど、
「新人類」→今の若い連中よりは昭和の旧世代の空気に近いのにこう言われとったのよ。
      ワシの年代は、まだポケベルすら普及してなかったし、
      (おかげでいきなり携帯電話というわけだw)
      ワシは比較的早いうちからPC使うとったが
      たいていの奴は社会人になってからだしな。

これは時代の空気であって、わしらのせいではないんだが、
「バブル入社組」→景気がよかったので、本人の資質に関係なく簡単に入社できた
         と伝説化されとるが
         女に関してはあれよ、
         不細工だったら話にならんという時代よ
         女は一般職で社内結婚して寿退職が王道
         それに乗らんような女は要らんわけよ。
         ワシなんか教員採用試験浪人w→非正規人生
         ツレなんかもアルバイト→転職を繰り返し
         30過ぎてから正規雇用だったり、独立開業よ。
         就職が楽だったはず、って決めつけられるとイラッとするわな。

ナナロク世代」という言い方に市民権があるのなら
「丙午」「新人類」「バブル入社組」
 の代わりに
わしらのことを
「ロクロク世代」と呼んではくれんかぃ?
人気ブログランキングへ

[PR]

by gabefunyaa | 2012-03-04 13:54 | テーマトーク | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/17909382
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by AK at 2012-03-04 14:49 x
昭和一桁世代、戦中派、団塊世代、シラケ世代(当方は一応これですが、団塊連中や官憲、マスコミが勝手にそういっていただけで学校によっては相当激しい政治運動がまだあったはずです)とか、氷河期世代とか、ある意味そういう名前つけられた世代は悲惨、というか「袋叩き」にあっている印象があります。世代の名前付けが曖昧な時期の世代のほうが比較的幸せと言う印象が。「ナナロク」というの実際に使っている人を見たことはありません。わざわざこの世代を何か名前で呼ぶときは「氷河期」とか左翼系の人だと「ロスジェネ」が多いと感じています。あとは「団塊ジュニア」(親が金持ってるだろ=頭金は親持ちということで住宅関係の人たちが好んで使う)
Commented by gabefunyaa at 2012-03-04 15:07

>AKさん
シラケ世代というとすぐ上の年代ですね。かつての政治運動の影響が私たちの時代にもまだ高校の校則に残ってました。
無届集会の禁止。(しかし、だれもそんなもんやらないのでなんじゃこりゃ??状態でしたけど)
66と76の間の年代の後輩に
「就職活動なんて楽だ、と(同じ大学の)先輩に言われてその気になってたら、えらい目に遭った・・・」とぼやかれたことを思い出します。
ほんの4‐5年違っても景気変動でずいぶん学生気質が違います。
Commented by giants-55 at 2012-03-06 20:48 x
書き込み有り難う御座いました。(レスは当該記事のコメント欄に付けさせて貰いました。)

マスメディアとしては、「特定の世代を十把一絡げにした呼称」を用いる方がキャッチーなのでしょうね。自分達は「マニュアル世代」なんぞと呼ばれましたが、「そんなにマニュアルに縛られていない!」と不満に思う一方で、「でも、確かにマニュアルに頼り勝ちな所も在ったかなあ。」と思ったりも。就職活動でのノウハウ本を、必死になって読み込んでいる同級生とか結構居ましたし。
Commented by gabefunyaa at 2012-03-07 12:54

>giants-55さん
「マニュアル世代」というのが古めかしく聞こえるほど、
イマドキの皆さんはマニュアルやら周囲の空気から外れることを嫌がりますね。
就職活動、ノウハウ本のとおりのコピー人間ばかり目立ちますね。

<< それではいってきます。 キャッチーなタイトルですが >>