鉄道好きな人とは

三陸鉄道 壊れたレール10cm5万円、5cm3万円で200個完売
立ち入り禁止区域に無理やり入るなどの危険なことをしてまで
お目当ての車両の撮影に没頭するバカな人々のことではなく、
こういう
「趣味のない人から見たら何の価値があるんかわからない」
モノを喜んで購入する人のことだと思います。

先日、西国街道を歩いて帰ってきていたら、
(写真撮るの失念してたんですが)
駅名が変わって不用品になった
神足駅のホームにある駅名表示がとある民家においてあり
めっちゃうらやましく思ってしまった私です。

ええ、うちの牛さんは
要らんとこ合理主義者
なんで
そんなもん買ったらぶち回されます。

記事一部引用
「津波で流されたレールを“復興祈願レール”と名付けて、10cmに切り出したものを5万円、5cm3万円で8月に売り出したところ、1日で200個が完売しました。10月末には第2弾の販売を始め、好評をいただいており、この4月からまた販売する予定です。復興を祈念する『きっと芽がでるせんべい』も発売したところ、全国から注文をいただいています」

 この結果、物販の売り上げは震災前の2倍になっているという。2014年4月の全線開通が目標。目指すのは、「レールを元に戻すだけではなく、人を呼び込めるような魅力ある鉄道にすること」だ。線路がつながり、観光客が来れば、沿線地域の復興は加速する。


というわけで、レールは買えませんので、
ここにも紹介されている
『きっと芽が出るせんべい』をセゾンカードのポイント交換商品として
購入させていただきました。
(ポイント交換締め切りは2012年3月31日です)
セゾンカードを持ってらっしゃらなくても、こちらで買えます。
三陸鉄道オンラインショップ

人気ブログランキングへ

[PR]

by gabefunyaa | 2012-03-26 11:09 | 電車生活 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/18030326
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< な、何をいまさら! 暑さ寒さも彼岸まで?? >>