何もこんな日に…

今日は例年のような記帳台は駅には無かった。
ああ、7回忌が終わったから、ってことか、と思いつつ、
いつものように大阪行の福知山線快速に乗車。
昨年も耳にした
ほぼ型どおりのアナウンスを塚口駅辺り
(現場を通過するちょっと前になります)で流すのを耳にして
窓に比較的近いポジションを確保していたので
外が見えたんですが
ええ、普段はいない警備の人の姿が。
なんやろな?と思うと
マスコミがわさわさいるんですわ。
ええ、普通の撮り鉄は当然立ち入り禁止の
線路わきのフェンス内で
線路を走る一般車両にカメラ(かビデオカメラ)を向けてるんです
あ、こりゃ警備の人がいないとアカンよなあ
なんて思ったりして。


で帰宅して
何気にいつものように神戸新聞ウェブサイトを見ると
JR山陰線 特急列車が男性と接触 豊岡
ぐえええ。
どの踏切かもわかってしまうわけですわ、私の田舎のことなので。
そういえば高校1年の時に、
旧・日高町の踏切で
私の在学していた高校の少し上の学年の男子生徒が自殺したことまで思い出してしまいました。
ええ、それも確か今頃だったんですわ。
あのころはまだ電化されてなかったから、
今回の事故の『こうのとり』の前身の『北近畿』ですらないなあ。
なんて名前の特急列車だったんだろか?

脱線事故で命を奪われた人の冥福を祈るとともに
自分から(鉄道で)死のうとする人がいる世の中が
世の中捨てたもんじゃない、
お迎えが来るまでは生きてみようという世の中になりますように、
と願います。


人気ブログランキングへ

[PR]

by gabefunyaa | 2012-04-25 17:52 | 電車生活 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/18193867
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by AK at 2012-04-28 23:47 x
あの時は浜松から出張帰りでした。
帰宅したら家族がテレビに釘付け。「電車がこんなにペシャンコ」と言うことに皆戦慄していました。恐ろしい事故でした。それと同時にその後起こった、激突された「マンション自治会へのバッシング」も忘れられません。
Commented by gabefunyaa at 2012-04-29 09:57

>AKさん
いつもいつもあそこを通っております。
あのマンションをどうするのかというのに(被害者・遺族の方たちにも)いろいろな意見があるようです。
車両の内部のシートを張り替える(事故に遭った車両と同デザインのままだと被害者が乗るときにつらいそうなので)ということが行われています。
紺色に近いブルーだった座席の色が緑に変わっております。

<< こんなん考えてる女はうぜえ! いやいや、かなり昔から有名だと... >>