それは性格の問題じゃないだろw

方向音痴に共通する「性格」ってある?
ということなんですが、

○そもそも自分で道を覚えようとしない
これは「性格」じゃなくて
「行動のくせ」ですよね。
私も結構道を間違えるほうですが、
間違えたことに気付いたらそこからの修正は早いです。

大まかに目的の方向がわかっている場合はそのまま進んで修正。
わかっていないときには、
地図情報と外れたところまで戻って修正します。

まあ、「行動のくせ」は
自分で何とかしようとしなきゃ治りません。
人に道を聞くときにも
聞いた相手が道がわかっていない
ふつう、「そこをまっすぐ行って」、とか
「2つ目信号の 4階建ての黒っぽいビルのある角を左に曲がって」
という風に歩いている人には道を教えるものなんですが
「100m先を東に曲がって」なんていう風に
説明する人の場合にはどうしようもありませんわww
日中で天気よかったら時間がはっきりしてさえすれば東西南北もわかるのですが
曇りや雨だと日中でもわからんですからね。

ええと、道を覚える気のない人は漫然とぼーっと歩いたり
乗り物に乗ってますね。
少なくとも交差点名だけはチェックしておくと
次にそこへ来る機会に手掛かりになるんですけどね。
人気ブログランキングへ

[PR]

by gabefunyaa | 2012-05-16 20:02 | あれこれ | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/18299930
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by AK at 2012-05-17 15:15 x
>漫然
時々、歩道のど真ん中でいきなり立ち止まって「アレレ」とか言ったり、結局なぜかそのまま話し込んでしまうシニアを見かけます。きっとこういう行動を取るから海外旅行でスリにあったりするのかなといらんことを思います。
(海外旅行の場合、「地球の歩き方の地図など、あてにならないので事前に詳細な地図を仕入れられれば良いのですが、なかなか難しいというのもあるし、添乗員付き旅行だとハナから何も考えていない人も多いというのもあります)
Commented by gabefunyaa at 2012-05-17 15:36

>AKさん
お任せ旅行だとより一層漫然度合いが上がるんでしょうね。
先日参加した四国遍路バスツアーで、
「お寺に直近のところまで行くタクシーに乗った人は、必ずそのタクシー乗り場からタクシーに乗ってくださいね!」
(ほかのタクシーは、途中までしか上がらない)
と注意されたにもかかわらず、他のタクシーと同じ場所まで戻ってしまい「人数が足りない!」とタクシードライバーさんが大慌て。
で、「ここでやらかしたということは次からもやらかしかねないので気ぃ付けてくださいよ」と、
ちゃんと上まで上がった乗り場へ戻ってきた人が伝言されてバスの中でみんなに伝える
というありさまでした。
国内団体旅行でも安心できませんわ。

<< だから私はメークをしないw どないなっとんの?? >>