当事者無視の合併

野球ひいきのチームを応援している場合じゃ なくなってしまいましたね
(本日もネタ変更)
ストライキ突入という 最終手段しか ないのでしょうか

球団の経営状態が悪いから とか 年俸が高過ぎるとか
まあ もっともらしいことを述べて
新規参入には 過去の失敗例をあげて だめだって。
おいおい 球団経営ってのは「前例」主義のお役所仕事か?




観客動員数の減少に対する経営方針の転換とか
それなりのこっちを納得させられる分析はできてるのか?
・・・交付金や地方自治体の財源を元に運営されている公立学校じゃあるまいに。
公共性の高い学校の運営にすら かつては認められなかった
「株式会社」立が 経済特区の活用でOKだされてるってのになあ。

このところ 現状でうまく行かなかったら
労働者の給料を減らして人件費をカットしてみよう!
(それまでの経営の有り方には手をつけずにだったら意味無いじゃん。)
・たくさんありすぎるのがうまく行かない原因だから
お客が集まらないところは統合して新組織にしてみよう!
(ひいきにしている野球チームも、思い出の詰まった母校もこれでなくなったら
ホンマに腹立つと思うで!!
職場がある日突然なくなることを上意下達で伝えられて平然としてられますか?)
という なんかもう 場当たり的な
リストラ(再構築)ではなくデストロイ(破壊)がどこともまかりとおっておりますね
プロ野球選手会という労働組合の主張が「一部しか」認められないなんて・・・
あの人達の組合費ってどう決まってるんでしょうか?
たぬきは非正規雇用なのに職場の労組に入ってます。月1000円の定額です。
 
合併(学校の場合統廃合)といっても
教職員定数が減るからといって 正規雇用なら「くび」ってわけにもいきませんから
転勤の希望を取ったり やっちゃいけないことなんでしょうが
定数外の非正規雇用で 統廃合までの数年をつなぐ ってことすらありえます。
県内エリアでの定数削減が大きい場合 教員採用の計画にすら
影響が出るって事(汗)ですよね。
つまりは球団職員やスカウト 打撃投手や打撃捕手 監督コーチ陣などなど・・・
支配下人数を増やして対応するって 話が出ている現役のプロ野球選手だけじゃ
合併での人事の影響を受けるのはとどまらないんですよね。

教育リーグの日程にも現在露骨に影響が出ているから
関西の社会人チームの皆さんも 当惑しているだろうし
ドラフトに向けた動き 半ばフリーズしちゃってますよね。 
[PR]

by gabefunyaa | 2004-09-04 06:43 | あれこれ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/183674
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< ないものといえば 1つの視点で語る危うさ >>