日本は医療被曝の多い国だそうで

レントゲンを撮ってもらったので
被曝線量についてちょっと話を伺いました。

照射している時間が長いと、それだけ被曝線量の合計が増える
(ま、「そらそうよ」であります)
なので
1枚ものである
腰やら首やらのレントゲン写真の複数撮影は
線量としてはたいしたことない。
が、CTになると時間がかかるので当然線量が多くなるそうです。

あ、先日見た記憶のある
子ども時代の頭部のCTの多数回撮影が脳腫瘍のリスクを上げる
って根拠はここか!
「昔に比べたら撮影にかかる時間が短くなってるから
被曝量は少なくなってるんだけど、
昔は、通常のレントゲン撮影の百倍から数百倍。
いまでも五十倍くらいかな」
だそうであります。
で、保険点数が高い
昔だと30000円、今はもうちょっと安くなってるかな?
(普通のレントゲン写真が1500円位だそうで)
ので、
儲けのために撮りたがる医療機関もあるそうです。

あ、気をつけないといけないのが歯医者で
ぐるっと歯の様子を撮影するレントゲン写真
だとのこと。
・エネルギーレベルが高い
(歯は密度が高いので中の様子を知るためには当然そうなる)
・ぐるっと回るので照射時間が長い
・放射線に対する感受性の高い水晶体の近くに照射する
歯医者をいくつもドクターショッピングして
1年に多数回このタイプの写真を撮影するのはよくないそうです。
「胸部レントゲン撮影なんかと比べると全然危険度が違うよ」
とのこと。
これも、昔なら1枚8000円だったそうで、
「午前中に10枚撮ったらもう今日は(十分売上出たから)
 上がってええやん、って気分になったよw」
だそうです。


福島第一原発の事故以来、
食品による内部被曝の危険性や
放出された放射性物質による外部(内部)被曝の危険性にばかり
頭がいってる人もいらっしゃるようですが、
無用の医療被曝も避ける
ということを考えて受診せんとアカンですよ。
人気ブログランキングへ

[PR]

by gabefunyaa | 2012-10-16 11:16 | テーマトーク | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/19243537
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by giants-55 at 2012-10-17 12:03 x
書き込み有り難う御座いました。(レスは、当該記事のコメント欄に付けさせて貰いました。)

子供の頃から掛かり付けの近所の歯医者。丁寧に説明してくれるし、信頼はしているのですが、気になるのは安直にレントゲンを撮る事。先達ても虫歯の治療で訪れたのですが、治療している1ヶ月内に2回撮られました。以前よりレントゲン撮影による放射能の影響は気になっていたのですが、歯医者での其れは可成り放射能レヴェルが高いんですね・・・今後は、極力撮影を控えて貰う様、話をしてみたいと思います。参考になりました。
Commented by gabefunyaa at 2012-10-18 17:17

>giants-55さん
数本の歯を撮影する部分モノは、照射時間が短いのでそれほど神経質にならなくてもいいようですが、
ぐるっと全体を撮影するものは、歯の状態が極端に変化しない限り
照射時間が長めになる(=被曝放射線量が上がる)ので1年に1回程度でいいよ、とのことでありました。

<< 台風の速度が速まったのでやれやれ なんかおかしい… >>