先輩方の言うことにゃ

 人々が「立ち去る」職場について

 20年ほど前の駆け出しの時に言われたこと

 教員という仕事は手を抜く気になればいくらでも手を抜けるし
 やろうと思ったら
 いくらでも仕事の範囲も量も増える

 (同じ臨時的任用でも)
 あんたやあの子はきちんと仕事をしようというやる気が見えたけど
 彼女にはそれが感じられなかった。 
 (臨時的任用だろうが正規任用だろうが)
 生徒からしたら同じ先生なんだから、そのつもりで仕事に向かわなきゃ

 これはちょうど、上の記事中の
人間には「好きにやっていいよ」と言われると「果てしなく手を抜く」アンダーアチーブタイプと、「やりたいことを寝食を忘れてやる」オーバーアチーブタイプに二分される。

このどちらかだけを作り出すということはできない。

そして、ブリリアントな成功を収めた組織というのは、例外なく「『好きにやっていいよ』と言われたので、つい寝食を忘れて働いてしまった人たち」のもたらした利益が、「手を抜いた」人たちのもたらした損失を超えた組織である。

「手を抜く人間」の摘発と処罰に熱中する組織はそれと同時にオーバーアチーブする人間を排除してしまう。

 の話に合致しております。
 

10年ほど前に他の先輩が言ってたこと
 「兵庫県よりも大阪のほうが受かりやすいから、
  息子には大阪を受けさせて合格したわ」

 ・・・実は、維新の会云々以前に
 それまで同じ近畿ブロックの他府県よりも勤労条件の良かった
 大阪府公立学校教員の勤労条件が悪化をはじめていたのですわ。
 それに遅れて、他府県の勤労条件もじわじわ悪化してますが
 大阪みたいな極端な話はないっす。

 上の記事のこの部分と対応してますわな。
 府教委が率直にカミングアウトしているように、今年の志願者には「水準に達しなかった」ものが例年よりも多く含まれていた。

来年以降この傾向が回復するということはあるまい。

あるいは「異常に低い倍率で教員試験に合格できる大阪府は今が狙い目だ(それに府知事や市長がいずれ代れば、こんな条例は廃止されて教員の待遇はふたたび好転するはずだ)」というようなクールな計算をする若者たちが集まってくるのかも知れない。


 まあ、公教育なんて仕事は
 合格者実績数を誇る塾とは違って
 市場原理にはなじまんよなあ…
 
 効率主義では公教育なんてやってられんっすよ。
 
 イデオロギーみたいなもんはチェックするくせに
 つぎはぎみたいな理科の教科書はノーチェックの文科省もなあww





人気ブログランキングへ

[PR]

by gabefunyaa | 2012-10-28 15:59 | 教育談義 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/19370625
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 世は移れども 何に金がかかるか考えよう >>