片づけられすぎると困ることも・・・

ホテルを出るとき部屋を散らかしっぱなしは非常識?

忘れ物がないかどうか確認できる程度に片付いてりゃそれでいいんではないでしょうかね。

というのも、
今から20年以上前(バブルでまだ会社の保養施設がたくさんあったころ)
私の居た大学の寮生が毎年お世話になっていた
とある信託銀行の山の家で
夏休みに住み込みアルバイトをしていた時の経験から言って
「片づけ過ぎられると清掃担当が困る」からなんですわ。

ホテルだと、
寝具をどうするかはベッドメイキング係の人がやるものだ
ということなので、私たちが直面したこの問題は起こらないんですが
それでも手順通りに清掃するわけなんで
あんまりやりすぎることはないと思いますよ。

旅館のように布団を敷いて朝食は食事処でという部屋でした。
部屋で使った布団を良かれと思って押し入れに仕舞い込んでしまう
という利用者(女性の居るグループに多い!)が結構いて、
清掃担当からしたら大迷惑だったんですわ。
一度使ったシーツや布団カバーは衛生上の問題で
布団から外して洗濯に出さなきゃいかんわけです。
もちろん着用された浴衣も。
はい、男性客のグループの部屋に多い
浴衣は脱ぎ散らかしてあって布団も敷いたままのほうが
かえって袋にガンガン詰めていくだけでいいから楽だったのです。
押し入れから再び出す、シーツ外して畳みなおして押入れへ戻す。
作業が1工程増えてしまって迷惑でした。

あ、考えてみると糊のきいた浴衣が用意されているのも、
たたみなおされても使用済みかどうかの判別が簡単にできる
(使用していないものは洗濯に出すことはしない)
ってことが理由なのかもしれませんね。

人気ブログランキングへ

[PR]

by gabefunyaa | 2012-11-11 14:48 | テーマトーク | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/19476654
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by AK at 2012-11-11 22:35 x
ああそうですね。私も学生時代北海道撮影旅行の為、北海道のペンションで働いたとき、散々体験しました。

ヨーロッパの良いホテルだと最近は連泊者に「グリーンカード」を出させています。「シーツは毎日洗わなくて良い(但し外出中整えてくれている」「タオルは毎日洗わなくて良い」等をドア前に申告させるんです。私は「シーツは洗わなくて良い」を選択。タオルは使ったら床に落としておきました(これが「洗って」のサイン)。けれども日本のタオルに比べて部厚いのとノリがそれほどかかってないのと乾燥した気候なので、洗ってもらわなくてもいいかな、とも思いました。日本だと無理がありそうですが(湿気の問題で)
Commented by takaitoko at 2012-11-12 06:52
ホテルのベッドメイクをしたことがありますが、片付け云々よりも、一目でわかるところ(ベッドの上とか)に使ったものが全部あると作業が楽でした。
Commented by gabefunyaa at 2012-11-12 07:10

>AKさん 
日本のホテルの中にも「掃除はいりません」「タオル交換はいりません」を表示する様にしてるところありますが定着してませんね。
あれも込みでサービスだと考えているからだ、と思っていただけに
「片づけるのが常識」と思っているというこの元記事に出てくる人間の存在にはびっくりしました。

妙な片づけられ方されると邪魔ですわ。
Commented by gabefunyaa at 2012-11-12 07:11

>たかいとこさん

確かに一まとめにせずあっちこっちに置かれていると片づけるほうにしてみれば余計な手間ですね。
言われてみれば片づけやりやすい!と思った部屋は浴衣、布団の上に乗っかってました。

<< 不明瞭っていうけど慣行にしたが... もともと「(独り)ぼっち」など... >>