お勉強科目の出来が悪いのはさておき…

「家庭教師に見捨てられた」。辻希美が中学時代の通知表を公開。

辻さんには悪いんですが、
家庭教師ではいわゆる実技教科(あるいは副教科、とも言われる)の
成績は上がりません。
私自身、中学1年の最初にもらった通知表では体育に2がついてまして
これではまずい!
ってんで考えたのが能力的には劣っているにせよ
一生懸命取り組む姿を見てもらう、
という方針でした。
それに従ったら、高校卒業するまで
二度と2がつくことはありませんでした。

相対評価であれば2がつく、っていうことはありえるんですが
仮に絶対評価だったとしたら
2がついてるっていうのは
「こいつからはやる気があまり感じられない」
1がついてるっていうのは
ぶっちゃけ高校だと単位不認定のレベル
「おまえやる気とかあるんかい?提出物は出さんわ授業中の態度は悪いわ
ええ加減にしろや、ほかの奴にも迷惑やろうが!」
という話であります。

お勉強科目ができないんはまだしょうがないんですけどね。
こんな人が
理想のママ扱いされたことがある世の中っていったいどうなっとるんだか。
人気ブログランキングへ

[PR]

by gabefunyaa | 2012-12-10 21:35 | 教育談義 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/19646174
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 14日に出かけるというのに 地震はかなわん… >>