これをオカシイと思わないってのは…

教育の力に問題がある、ってことなんですわな。

☆ミオナのシースルーライト
 なんでも脂肪や糖分→アミノ酸の塊に分解されるサプリメントだそうです。
10年のロングセラーっておいおい
 中学校理科第2分野の学習内容が全く定着しておりませんな
 (栄養素)→(分解されて吸収されるときの形)
 脂肪→脂肪酸+グリセリン
 糖分→ブドウ糖
 タンパク質→アミノ酸


☆泥(マリンシルト)を使った石鹸
 マイナスイオンを帯びているマリンシルトを墨汁に入れると
 墨汁が沈殿して透明になる
 これを「すごい吸着力」と説明

 まあ、こちらは高校化学の内容だから知らない人もいますけど
 膠が保護コロイドとなった親水コロイドである墨汁が
 大量に存在する反対の電荷を帯びたイオンのはたらきによって 
 塩析 されて沈殿
してるんですわ。

世間に流布している考えである
 ワクワクドキドキさせれば いい理科教育
 なのではなく、
 疑似科学に引っかからない批判的精神を育てるのが
 理科教育の一つの勤めなんじゃなかろうか、
と思ってしまうのであります。
人気ブログランキングへ

[PR]

by gabefunyaa | 2013-01-11 18:05 | 教育談義 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/19821024
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by おりがみ at 2013-01-13 19:13 x
理科教員志望のしたむすめ、ニキビに悩みつつも怪しげな化粧品には絶対手を出しません。いい子だと思う私は・・親ばか保育士(笑)
Commented by gabefunyaa at 2013-01-13 20:07

>おりがみさん
したちゃん、さすがです。
私が履修だけした(単位取りそこなった)有機化学の先生は
効果のある化粧品は日焼け止めだけだ!と断言されておりました。
というわけで日焼け止めだけはちゃんと使ってます(笑)
Commented by M・K at 2013-01-14 15:56 x
>理科教育
小学校の教員も科目別になればいいと思います。
「理科が苦手な先生が増えた」という話を耳にしたことがあるので。
Commented by gabefunyaa at 2013-01-15 14:58
☆>M・Kさん
実は大規模な小学校だと高学年の担当教員はある程度科目別だったりします。
専科(なんか宝塚みたいw)と呼ばれています。
私は担任が理科のできる人だったので専科の先生ではありませんでしたが
通っていた小学校には理科・音楽・家庭科・図画工作は専科の先生の授業を受けていました。
息子たちの通っていた小学校も図画工作は確実に専科でしたよ。
「理科が苦手な先生」が増えたと言われるのは、小学校教員養成課程が私立大学の文系受験タイプのところに増えていることとも関係あるかもしれません。
強制的にでもやらないと身につかない面がありますから。
ただ、「増えた」というのは怪しい気もしてますが(昔から結構ずさんな話を聞いてます。)

<< 膝が痛い… マイナーなえべっさん >>