要らなくなったモノは捨てるのか?

自分にとっては要らないモノでも、
ほかの人にとっては要るモノであることがちょくちょくあるのですよね。

知り合いに声をかけて貰ってもらえたら一番楽なのですが
そうもいかないことが多いんで
インターネットオークションに出すことが増えました。
(使ってるのは、楽天オークションです)
かつてはフリーマーケットに出店してたんですが
出店申し込みのタイミングを逃したり、
一人で一日フリーマーケット会場(といっても自宅から徒歩5分w)にいるのが
過酷なもので
貰い手ついたらラッキー
くらいで「買ったもののまったく使えなかった」ものや
「使ったけど再使用に差し支えなし」というものを
安い値段(ほぼ送料のみ)で出しています。
安い値段でもらってもらうのが目的なんですが
たまにはうれしい誤算もありますね。

人気ブログランキングへ

[PR]

by gabefunyaa | 2013-01-13 20:13 | ケチ | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/19831530
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by takaitoko at 2013-01-14 16:43
私も楽オクで不要品を出品していますが、予想外の金額で落札されたり、まさか入札されないであろうものが入札されたり、意外性が面白い点です。部屋の整理とキャッシュバックという意味でオークションをやっています。
Commented by giants-55 at 2013-01-15 01:25 x
書き込み有難う御座いました。(レスは、当該記事のコメント欄に付けさせて貰いました。)

3年前に亡くなられた女優・高峰秀子さんは、もう随分前から「必要最低限の物以外は、皆処分してしまった。スッキリした生活が一番。」といった事を話しておられました。「断捨離」なる言葉が流行る相当前の事ですが、彼女の言葉には非常に共鳴し、自分も以降は「シンプル・イズ・ベスト」の境地に在ります。
Commented by giants-55 at 2013-01-15 01:26 x
以前、自ブログでも書いた気がしますけれど、20年以上前だったか、部屋の整理をしていましたら、子供の頃に買った「ゲーム・ウォッチ」が数点見付かりました。箱も取説も無く、中には破損している物も在ると言う、とても保存状態が良いとは言えない代物だったのですが、「こういうのを欲しい人も居るかもしれない。」と思い、駄目元でオークションに出しました。結果として買い取り手が見付かったのですが、驚く事に総額で十数万円の値段が。「数千円付けば御の字。」と思っていたので、「此れは商品だけ先にゲットして、御金は送って来ないというパターンかな?」とも訝しんだのですが、きちんと入金して来ました。「子供の頃、欲しくて堪らなかったけれど、貧しかったので買えなかった。大人になっても忘れられず、大人買いする事にした。保存状態が悪くても全く構わないので欲しい。」と。「世の中には、色んな需要が在るのだなあ。」と、其の時痛感しました。
Commented by gabefunyaa at 2013-01-15 15:00

>たかいとこさん
出してみなきゃわからない、というのがオークションにはありますよね。
「捨てればごみ、出品すれば商品」であります。
Commented by gabefunyaa at 2013-01-15 15:13
☆>giants-55さん
必要最低限のモノというのが何なのかわからないタイプの人は処分してスッキリはしないみたいですね。
実家の母親は「収納上手の整理下手」
ゴミ(買い物のあとのポリ袋とか…)を貯めこむのは正直勘弁してほしいです。
Commented by gabefunyaa at 2013-01-15 15:17
☆>giants-55さん
いわゆる「コレクターズアイテム」は、保存状態とは関係なく値段がついたりします。
そんなこと考えずに古いアニメ雑誌などガンガン廃棄してたことを思い出して涙目になったりする私です。

<< 慣れちまったら何も意識せんなあ… 膝が痛い… >>