探さなきゃならん

現在はまだ点滴がある(=医療行為を受けている)ので
救急病院からの転院先を探さなきゃならん。

リハビリテーション病院ということでインターネットで探す。

退院できたら、
入るつもりの有料老人ホームに空きができるまで待機できる
老人保健施設(老健)原則3カ月までの入所
も探さなきゃならん。

んで、
まずは介護認定をもう一度受けておかなきゃならんのやろなあ。
ああ、面倒なこと山積。
母本人の辛さ・もどかしさに比べれば
おそらく何でもないことなんだろうけど…。

人気ブログランキングへ

[PR]

by gabefunyaa | 2013-01-21 20:41 | 母に関すること | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/19874617
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by giants-55 at 2013-01-22 20:06 x
書き込み有難う御座いました。(レスは、当該記事のコメント欄に付けさせて貰いました。)

60代前半で脳梗塞を起こし、以降は略寝たきりの生活を送っている知り合いが居ます。自宅での介護は困難で、病院を渡り歩いて、もう10年近く経つ。一定期間が過ぎると病院から追い出され、次の受け入れ先をさがさなければいけない現実。彼自身も気の毒だけれど、彼の家族も本当に気の毒。

医療費の削減を目的とした「長期入院が出来ないシステム」は自民党時代に作られましたが、其の当事者だった橋本龍太郎元首相が、自身の身内は“例外的に”ずっと同じ病院に留まらせ続けていた事が明らかとなり、週刊誌等で取り上げられた過去が在りますよね。一般国民には重荷を背負わせ、自分達は「例外」を享受する。全くおかしな話です。
Commented by giants-55 at 2013-01-22 20:06 x
1月20日に「NHKスペシャル『終(つい)の住処(すみか)はどこに 老人漂流社会』」という番組が放送されましたが、見ていて堪らない気持ちになりました。一生懸命、身を粉にして働いて来た人間が、高齢になって「物」の様に扱われている・・・こんな現実を見てしまうと、若い人達に「夢を持て!」なんて言っても、届かない事でしょうね。
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2013-01-23&ch=21&eid=27943
Commented by gabefunyaa at 2013-01-23 20:14

> giants-55 さん
今日 1月23日の深夜に1月20日に放送された「NHKスペシャル『終(つい)の住処(すみか)はどこに 老人漂流社会』」という番組の再放送があります。
先日のダイオウイカと同じく、反響が大きかったのでしょうね。
Commented by gabefunyaa at 2013-01-23 20:17

> giants-55 さん
再び自民党政権に戻ったことで一層の不安を覚えている高齢者(とその家族)は多いのかもしれません。
自分たちだけは「例外」扱い、ってのが許せない話なんですが
こういうことまでは目が行かず、イメージだけで投票行動をとってしまう有権者
なんですよね・・・。

<< とほほほほ とりあえず家から近い有料老人ホ... >>