物忘れのひどい私と認知症の母

知っている? 認知症と物忘れの違い

□出来事の全部を忘れる

 朝食の内容だけでなく、朝食を食べたという事実自体を忘れる。ただの物忘れでは起こらない。

物忘れのひどい私は、ある事柄の内容を忘れます。
母は、その事柄があった、という事実自体を忘れます。

□記憶障害だけでなく、判断力が低下する

 ごく基本的な情報を忘れて、正しい判断ができなくなる。


□物忘れをしてしまったという自覚がない

 大きな物忘れをしても、自分が物忘れをした、判断ができていないという自覚がない。

私の場合、忘れたら大パニック。
母の場合、忘れていること自体を認識してないもんなあ…。

□物をなくしたときに、思わぬ発想をするようになる

 物をしまった場所を忘れたり、どこかに置き忘れるのは正常の範囲。
□季節の感覚がなくなる

 日付や曜日を1~2日くらい間違うのは正常。認知症の場合、全く違う季節と間違えることがある。夏なのに、冬物を着ようとするなど。

私、曜日の感覚や日付の感覚ずれてますww

□作り話をする

 現実的にはありえない言い訳をしてでも、自分の判断が正しいとその場を取り繕うとすることが増える。

□日常生活が一人でできなくなる

 少々忘れっぽいからといって、一人暮らしをしても何とかなると思える範囲の人の場合、認知症の疑いはまずない。どんな理由であれ、一人暮らしをさせることに周りが強い不安を感じる症状がある場合、認知症の可能性が高まる。


で、こっちは不安だというのに『一人で暮らせる』と言い張りやがるし…
まったく判断能力がなくなっているというのは困ったものです。

とはいうものの、本日、何とか、有料老人ホームへの入所にこぎつけました。


人気ブログランキングへ

[PR]

by gabefunyaa | 2013-03-18 18:21 | 母に関すること | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/20171536
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 薬師寺東塔 目には目を、歯には歯を >>