なぜ家族による殺人と呼ばないのか?

14歳姉と10歳弟死亡、母けが 埼玉、無理心中か
こういうニュースを目にするたびに
なぜ
死ぬしかない
死ぬなら子供も道連れにするしかない
と思い詰めてしまったのか
と思うと同時に、
高齢者や子供に対する虐待が問題視されるようになったのに
なんでいまだに
「無理心中」というマイルドな呼び名なのか?という疑念がわくのです。

家族による殺人
こと
相手が高齢者や老人の場合
それも
虐待の範疇に入ると思うんですよね。
人気ブログランキングへ

[PR]

by gabefunyaa | 2013-07-28 17:17 | テーマトーク | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/20785338
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by AK at 2013-08-02 21:31 x
歴史劇で「御家」の将来を悲観して、あるいは生きてなんたらのかんたらの辱めを受けずの「自害」がロマンティックな悲劇として描かれがちな風土だからかもしれませんね。
Commented by gabefunyaa at 2013-08-03 12:45
☆>AKさん
沖縄戦での集団自決、と変わってないってことなんですかねえ。
ホント
自分は死ぬことがあっても何とか家族だけは助けたい!と思うのが
人情のはずなんですが…。

<< 世の中、変わった!・・・のか? 関西電力にはアンペア別契約は無い! >>