世の中のイメージの変わるきっかけになりゃいいなあ…

今まで
統合失調症の家族を持つ
という人の出している本をちらちら見たことはあるんですが
大半が
通常の社会生活を送っては無い
家族とのかかわり

書いているもので

これでは
社会に広く認知されている(古典的な)うつ の病者とは
世の中の人々が持つイメージはかけ離れたままなんだろうなあ


思っておりました。



これは、日常生活を取り戻した統合失調症の当事者
の書いている本なので
統合失調症(かつては「精神分裂病」)の当事者
イコール犯罪予備軍のように思ってる人たちにこそ
読んでいただきたいです。
(画像リンク先は品切れ。)
【送料無料選択可!】統合失調症がやってきた (単行本・ムック) / ハウス加賀谷/著 松本キック/著
テキストリンク先にはまだ、在庫があるようです。
人気ブログランキングへ

[PR]

by gabefunyaa | 2013-08-19 16:58 | テーマトーク | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/20871953
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 歩く旅なんてのはそんなもん… 日本の新宗教も訳わからんですよ... >>