捨てるのが吉と出ること、捨てないのが吉と出ること

ケチを考えると「捨てる」ということと上手く付き合わねばならない

無駄にして廃棄してしまうと 費用がかさむのは
日用雑貨と食料品だ。
 使うものと買う店を決めて
 在庫がどれくらいあるのかを把握してから買う
 在庫があるときにはまず優先してそれを使い切る
普段買う店でないところへ行くのは
 普段の店以外でしか使えない金券があるとき
くらいにする。
1円10円の違いであの店、この店と底値を求めて放浪する方も
かなり節約好きの方には多いようだが
 時間がもったいないし
 何がどこにあるのかわかっていない店に行くと
 余計なものを買う危険が増える

廃棄しないと面倒なことになるのは、迷いの出るもの。
迷いの出るものは
「貰い手がついたら儲けモノ:最低価格1円」でネットオークションに出品し、
一定の期間を過ぎて貰い手がつかなかったら
機械的に廃棄することを実践している。

1円でいいと思ったものが値段がついたりするとびっくりである。

人気ブログランキングへ

[PR]

by gabefunyaa | 2013-08-24 16:19 | ケチ | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/20892332
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by takaitoko at 2013-08-25 12:06
私も楽オクで出品していますが、確かに、1円出品で高値が付いたりすると幸福感があります。高値でなくても『こんなもの入札されないだろう』な商品が落札されるのも驚きです。
Commented by gabefunyaa at 2013-08-25 17:13

>たかいとこさん
こちらにとっては要らないものでも、ほかの方にとっては欲しいものってことがあるんですよね。
ホント、不思議です。

<< どうせチャリティするのなら 私の妙な癖 >>