この本、買うかな。

闘病者にも一緒に生きていく人にも、模範解答なんてない。松本ハウス『統合失調症がやってきた』

この本、買うだろうな、と思ってます。

『うつ』に比べると
犯罪者予備軍みたいな目で見られがちな『統合失調症』でありますから
その診断を受けてる
ってことを公表すると不利益を被るんですわ。

ええと、うちの牛さんがそうです。

牛さんだけじゃなく
私の異母兄もそうなんですが
・・・ちょっと状態が良くなって数年ぶりにやってきた異母兄に向って
「どちらさまですか?」といってしまい
異母兄を思いっきり落胆させた苦い記憶があります。
(私の抱える最大の問題なんですよねえ、
明らかに人の顔と名前が結び付けにくい。
数年遭遇しないと、親しかった人でも認識に手間取る。
これは子どもの頃からずっとなので
そんなもんだと思って生きてるんですが、これはやっちゃいかんかった・・・)

人気ブログランキングへ

[PR]

by gabefunyaa | 2013-08-29 16:42 | 消費 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/20915590
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by antsuan at 2013-08-29 17:21
薬をやめてしまった者が、わたしの知り合いにも居ますので、是非読んでみたいですね。
Commented by gabefunyaa at 2013-08-31 15:47

>あんつぁんさん
今までの統合失調症を扱った本は
社会復帰がうまくいかなかった患者の身近な人が書いたものがほとんどでしたので
余計に「大変な病気」というイメージを広げていたかもしれません。
薬もかなりよくなってきてるみたいですね。

<< 来年は大混雑が予想されます 普通の夏の気温が… >>