言われてみれば改善しようなどと思ったことがないw

「人生の苦手科目」は克服しないに限る?

不思議なもので
女性同士の足の引っ張り合いっていうのが鬱陶しいから、と
それの起こる環境をずっと回避して
仕事にありつけております。

女性が多くても
それどころじゃないタイプの職場なんでね(苦笑)

まあいろいろ足りないところはあるのが人間なわけですが
その人にあるところを評価してくれていろいろと決まるわけですから
「人生の苦手科目」に振り回されるんではなく
「得意科目」はなんだろう、と考えるくらいのほうが
きっと
楽な人生になるにちがいないですわ。

私は
欠けばっかりの自分でも
まあそりゃしゃあない
完璧であろうなんて考えられない
タイプですから
こんなこと提案しちゃうんかもな人気ブログランキングへ

[PR]

by gabefunyaa | 2013-10-19 19:05 | テーマトーク | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/21310703
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by takaitoko at 2013-10-20 07:57
「プロフェッショナル 仕事の流儀」で、楽天の佐藤義則投手コーチが紹介されていましたが、佐藤コーチは選手の短所よりも長所を伸ばしていくとか。確かに、自分が苦手とすることより、得意なことの方が楽しいし、合理的だと思いました。

赤鯉の左腕投手など伸び悩んでいるのは、短所を指摘し過ぎ、長所を伸ばしていないのでは? F井投手にしても、制球を気にせず、腕を振って、ど真ん中に投げることができれば変わる筈。結果を変えるには自分を変えるしかありません。
Commented by gabefunyaa at 2013-10-20 17:36

>たかいとこさん
長所を伸ばすほうが早道であることは多かったりします。
だいたい大学入試なんて
得意科目が使えるかどうか
で受験パターンを決めますもんね。
(高校入試はこうはいかないのが辛いのですが)
自分を変えるのは「あれができない」から「これができる」への意識付けの変化でしょうね。

<< 犬を飼うのはぜひとも免許制度に... 実力の差 >>