募金活動という名の騒音発生

先ほど買い物に行ってきたわけですが
目抜き通り(といっても、中心都市ではないので人通りがそんなにあるわけでもない)
で、
とある中学校ののぼりを立てた一団が
あちらこちらで
でっかい声で
「歳末助け合い募金、よろしくお願いしまーす」

がなり立てているではありませんか。

通りかかった親子連れの
4-5歳くらいの幼児
「やかましいねえ」と親に言ってましたよ。

おそらく、生徒指導部が主導して
生徒会活動で
ボランティアのつもりでやってるのでしょうが
あたりには結構マンションも立ち並んでおり
日曜の朝っぱらからあんなに大きな声でがなり立てる
ってのは
善行どころか
騒音防止条例に引っかかるんじゃなかろうかという行為です。

募金活動をというのなら
街頭に立つということをするのではなく
(やりました、って満足感はあるんでしょうが、
それは、自己満足じゃなかろうか、と)
歳末助け合い活動について学校内で広報活動を行い
学校内で集めればいいもので
なにも1-2時間、わざわざ休日に
それも隣の中学校区の街頭に立つことじゃないですよねえ。

歳末助け合いの募金がどのように使われているのか
だけではなく
恵まれない人っていうのは
自分から遠く隔たった他人事ではなく
いつ、自分もそうなるかわからないという
ごく身近な問題である
ということを
学校で伝えることが
ホームレスへの襲撃や
ネット上での生活保護受給者に対する誹謗中傷
ひいては
障碍者や高齢者への虐待など
・・・普通の人たちがやっているしてはならないこと
を止める力にもなり
街頭募金でがなり立てることを推奨するより
よっぽど教育的な活動だと思うんですけどねえ…。
人気ブログランキングへ





まあ、うちの息子たちが学校へ不適応を起こした
ってこともあり
この住んでいる市の
中学校の教員の
モノの考え方や指導力には前々から疑問を抱いてるんで

あいつらならこれで大満足だろうなあ
と思っとります(苦笑)
[PR]

by gabefunyaa | 2013-12-15 10:59 | 教育談義 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/21647061
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 年賀状リストの見直しが終わってない… 爆睡 >>