親類宛の年賀状を書いておりますが

うちの両親は大正生まれ(上が大正生まれ、下の方は昭和の戦前という年齢構成)
すでに亡くなっている夫の両親は昭和生まれで
兄弟の上なのがうちの両親、
兄弟の下なのが夫の両親なので
ほぼ、私たち夫婦から見た
伯父伯母叔父叔母、
従兄姉(いとこたちの中で私たち夫婦は年齢が一番下のグループ)の年代は一致します

60オーバーの人々が多く、普段付き合いもないので
年に1度の年賀状ということになるんです。
で、鋭意作業中でありますが・・・
私自身の従兄姉程度は誰だかわかるんですけど
母のいとこやら、私自身の従兄姉の子どもたちになってくると
もう、誰が誰だったかさっぱりわからん有様で・・・。
それどころか
田舎ですから母の妹の嫁ぎ先とか
伯父の妻の実家とか、
叔父の妻の妹とか
「そんなの親類とは言わないんじゃね?」と
現代っ子には言われるレベルの人々もまじっております。

そして問題なのは
夫の伯母たちやその子供たちについては
私は・・・全然覚えてないってこと。
リストに多分抜けがあるだろうから
リストには無くても出したほうがいい人が誰なのか確認しなきゃな。

人気ブログランキングへ

[PR]

by gabefunyaa | 2013-12-24 12:12 | あれこれ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/21710881
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 管理能力と情報共有の大切さ 世間様は三連休 >>