くわいは一般的じゃないのか?!

我が家の変わったお正月料理「餅にチーズ」「いかにんじん」「ステーキ」

一部引用します
定番のお餅も、家庭によって食べ方が異なりますね。四国のお雑煮は、香川県の郷土料理「あん餅雑煮」でしょうか。白味噌ベースの汁だそうで、家庭でも作れるよう。お餅に飽きてきたときに試したいですね。

■郷土料理が満載!
(中略】ほかにも、鯨肉の煮物やくわいという声が寄せられました。ふるさとの味を堪能できるのも、正月の醍醐味といえますね。


え?これ書いた人のところのおせちには
くわいは無いのが当たり前なのか?!
普段は食べず、正月だけ食べるものとして
数の子、伊達巻、くわい
は、私にとっては欠かせない

のでかなり愕然としました。
もちろん
「ちぇっ、サイズが小さいなあ」とぼやきつつ慈姑は生で購入。
簡単に煮えるので自宅で大根や金時人参同様煮しめます。
我が家では1種類ずつ(たぶん、煮える時間が違うからでしょう)
別の鍋を使って煮しめていきます。

我が家のおせちで変わってるかなと思うのは
焼き豆腐の煮しめ
(一般的には凍み豆腐のようですが、子どもの時からこっちだったので
こっちでないと気が済みません。
日常的な食材なので年末になると店頭に無く、涙目になることもあります)
くらいです。
人気ブログランキングへ

[PR]

by gabefunyaa | 2013-12-28 17:49 | 消費 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/21741646
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< お節や雑煮について(1) 髪を切りに >>