どんな事情があるにせよ

海で10歳男児と父不明、心中か 兵庫・姫路、8歳弟救助

無理心中はいかん、絶対にいかん。
子どもは親と一心同体ではなく、
ひとりの独立した人間なのですから
それを道連れにするなんて、人としてやってはならんことです。

相談窓口とか、
どんな形でもいいから
こんな風に追い詰められてしまう親を出さずに済む世の中にならん
ってのは
私たちみんなのやってる悪行なんでしょうが。

人気ブログランキングへ

[PR]

by gabefunyaa | 2014-01-26 17:30 | テーマトーク | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/21927366
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by giants-55 at 2014-01-27 22:25 x
書き込み有難う御座いました。(レスは、当該記事のコメント欄に付けさせて貰いました。)

以前、親子心中に付いて記事にした事が在ります。(まめ)たぬき様が仰っている事は其の通りだと思うし、法律を齧った人間としても「どういう事情が在るにせよ、1つの人格を持った人間を道連れにしては駄目。殺人行為なのだから。」という思いも在ります。でも、「親」という立場に立った時、「幼子を残しては逝けない。」という思いが湧いてしまうのも、正直強く在ります。1人で問題無く生きて行ける状況(高校生以上の年齢とか。)ならば話は別なのですが・・・。
Commented by gabefunyaa at 2014-01-28 21:24

>giants-55さん
私は昔人間なので、父が亡くなり、母が心身ともに弱った時
(正直、母親にも死なれたらまずいなあ、と小学生ながらに思うレベルでした)
しばらく母の実家で寝起きしておりました。
>「幼子を残しては逝けない。」という思いが湧いてしまう
というのは、親だけ(身内にも、近しい他人にも頼れない)しかいない、状況に追い込まれやすくなっているということなのかもしれないですね。

<< ぼちぼち奈良十三佛巡りを再開予定 しつこい(爆) >>