なんでまたこんなとんでもないことに・・・

死者5人、安否不明290人超=客船沈没、救出急ぐ―韓国

船が沈没、ってのにもびっくりしたんですが
安否不明者がなんでこんなにいるのか?
乗船者管理の体制が
日本国内で乗ったことのあるフェリーとは違う、ってことなんでしょうかねえ。

沈没した船の中に残されてしまっているのではなく、
周囲の他の船舶に救助されたものの、確認が取れていないだけ
であることを願うばかりです。

人気ブログランキングへ


[PR]

by gabefunyaa | 2014-04-16 21:39 | あれこれ | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/22457399
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by antsuan at 2014-04-17 06:48
日本の危機管理もお隣の国と大差ないように思います。
明日は我が身かも。
自分自身が気を付けないといけませんね。
Commented by giants-55 at 2014-04-19 21:08 x
書き込み有難う御座いました。(レスは、当該記事のコメント欄に付けさせて貰いました。)

「儲けを最優先したのか、(日本から購入した)フェリーの上部に、更に客室を増設していた為、重心が高くなって安定性を減じていた。」、「本来は確りと留めておくべき貨物が、好い加減な留め方だった為、急に舵を切った事で、切れて片方向に寄ってしまった。」、「経験の浅い船員が、舵を取っていた。」、「乗客に対して不適切なアナウンスをした上、船員達は真っ先に下船していた。」等々、余りにも不幸な事実が重なり過ぎた結果が、今回の大惨事になった様ですね。

上でantsuan様も書かれている様に、“今”の日本は「利益至上主義」や「無責任さ」等の点で、韓国とそんなに変わらないかもしれない。少なくとも、“昔”よりは変わっている。対岸の火事と思わずに、我々日本人も身を引き締めないと・・・「人災」は他人事では在りません。
Commented by AK at 2014-04-23 12:38 x
船長が逃げ出すというとイタリアでもそういうのあったような???
当初の報道で韓国の儒教社会ゆえに船長には逆らえず~というのがありましたが、大なり小なりそういうことはありそう。それが異常な形で出てしまったといえば、古いが日航の逆噴射事故を思い出します。今となってはあの危機管理と当時の報道振りは大概。

>古い日本船を買い取り、客室増設

あのマンボンギョン号もそうらしく、冬は傾いて危険だったとか。
ただ、近年はメキシコとか地中海とかクルーズの大衆化、新興国観光客増加需要でどこもこういうことをやっています。香港ー上海ー釜山ー沖縄や韓国ー瀬戸内海クルーズは似たようなケース多いかも。

ところでおそらく日本人がこの事故報道に感じる違和感は犠牲者家族と現地マスメディアの阿鼻叫喚ぶりかも…。正直言って多くの日本人は「日本人が乗ってないのになんでこんなに時間を割く」と最初は思ってたかもしれないが、今はその「異様」に映る光景を「異文化理解」のために見ているような気がします。
Commented by gabefunyaa at 2014-04-24 19:41

>あんつぁんさん
日本は、民間の客船の危険性よりも
・・・国を船に例えたものの方の危機管理に問題がありそうです(涙目)
Commented by gabefunyaa at 2014-04-24 19:43
☆>giants-55さん
無責任というか、アナウンスがあっても自分に向けられたものではないとしてスルーする人がかなり多いので、「人災」は、他人事ではないですね。
昨今、大地震や大津波が起こりうる、そうなった時に個々人が帰宅を急ぐと惨事につながるという報道が出されていますが、
果たして待機場所にとどまることが最良なのか?
アナウンスに従ってもそのアナウンスの判断はどうなのか、考えさせられました。
Commented by gabefunyaa at 2014-04-24 19:46
☆>AKさん
確かにあの家族の泣き叫ぶ様子は「異文化」ですね。
同じように修学旅行生が巻き込まれた惨事である上海列車事故と比べると、・・・。
ああ!イタリアの座礁事故。確かに船長、逃げ出しておりましたね。

<< ここまで来たら犯罪ですやんww 困ったことに >>