やれやれ

住所を把握している、比較的近い身内にだけ年賀状を書いて、
まあ、これで一応年賀状は終わりです。
出してない人から来た場合の対応が頭痛いんですよね。
母の知り合いでしかない人からいただいても困るっちゅうの。
(母の知り合いであっても、私自身と面識のある人からの年賀状であれば
返事の出しようもあるのですが・汗)
さらに困ってるのが
いとこでも全然現住所そのほかがわからないものがいるってこと。
あ、それ以前に
自分の異母兄がどこに住んでるのか、
携帯電話を持ってるとしたらその番号もわかってないとか
夫は夫で、
いろいろあって夫の実兄と完全に疎遠になってるとか
まあ、大問題はあるんですけどさ。

さて、年末年始も在宅の仕事は普段通りなんですよね。

風邪をひきこまないように気を付けて過ごそうと思っております。

人気ブログランキングへ


[PR]

by gabefunyaa | 2014-12-23 21:39 | あれこれ | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/23917000
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by giants-55 at 2014-12-23 21:50 x
書き込み有難う御座いました。(レスは、当該記事のコメント欄に付けさせて貰いました。)

大事に思っている人は別ですが、何年も会っていない様な人との年賀状の遣り取りというのは、書く文章も難しいというのが在りますね。「今年も宜しく御願い致します。」と書いた所で、「今年もの『も』っていうのも、何か不自然だなあ。」と思ったりするし。

地域の会合で20年以上前に母が知り合い、そんなに親しいという訳でも無いけれど、ずっと年賀葉書を遣り取りしていた人が居ました。9年程前に遠方に引っ越し、「何を書いたら良いか困ってしまう。」と、毎年、母はぼやいていた。恐らくは相手も同じ思いだったのでしょうね、一昨年に年賀葉書が来なくなりました。双方共に「止めるタイミング」を考えていたのでしょう。
Commented by gabefunyaa at 2014-12-29 21:37
☆>giants-55さん
年賀状、やめるタイミングというのはなかなか難しいものですね。
そしてあのコメントというのも、難しいものです。

<< 巷はクリスマスということで どんどん年の瀬感が… >>