煮しめを(その1)

b0018469_10404343.jpg

b0018469_10404334.jpg

b0018469_10404373.jpg

b0018469_10404323.jpg

b0018469_10404399.jpg

b0018469_10404345.jpg


面倒臭がりなもので、とりあえず野菜の煮しめだけ作る、ということで
毎年この時期は過ぎております。

まずはノーマルなものを一通り。

こだわり、といえば
大根は 万能品種である青首大根ではなく丸い炊くための大根
(聖護院大根、と書かれておりました)
にんじんは、西洋人参ではなく金時人参
ということくらいでしょうか。
もともとは煮しめの時だけは
昆布出汁(昆布を1番くらい水につけておいた液体)を使っていたのですが
もういいや、いつもの出汁で!と横着してしまっています。
ただ、煮しめるときに動物性の香りがするのでなんか違う気もします。
来年はちゃんと昆布出汁にしようかな。
[PR]

by gabefunyaa | 2014-12-31 10:40 | あれこれ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/23948333
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 煮しめを(その2) 男性はなんとも思ってない、って... >>