おいおいちょっとまて

もうねえ、吹き出しちゃいましたよ。
いまの高校生は物理が必修じゃなくなっている

書いてるライターさんがどのくらいの年配の方だか存じ上げないのですが
理科Ⅰ+理科1科目必修時代ですよ、今50歳になろうとする私の学年で既に。
4科目とも必修だったのって、おそらく昭和です。

今の高校生、一昔前より物理領域を選択する人増えてます
以前は 物理・化学・生物・地学の下位科目(Ⅰのついた科目)2つを選択するのが必修だったり
理科基礎+いずれか1つの科目(理科基礎にAとBがあって、片方は物理っぽかったけどねw)

文系だと物理をやらないで卒業するパターンが一般的でしたが
今は物理基礎・生物基礎・化学基礎の3つを選択する学校が多くなってきております。
なかには文系には地学基礎をってところもあるんですが
大半が1年・2年あたりで化学基礎・生物基礎を履修、
その上にもう一科目基礎付きでってのが文系の代表的パターン

地学をやるよりも物理を選ぶ学校が多い気がしてます。
ええ、お陰様で
理科Ⅰ時代に文系の生徒に物理領域を指導してて以来なんで
20有余年ぶりに
理系でない生徒さんに物理領域の授業させていただいてます。

ええもうほんと有難い!!

なので「この記事タイトル」みて
・・・物理の履修者が減ってなんで物理のお仕事にありつけるんや、そんなわけないやろ
と、思いっきり突っ込んでしまいましたよ。

現場の実際の状況としては
文系の「基礎」科目で理科的知識の薄い人は減らせるだろうな。
でも
理系の「入試に使わない科目の手抜き」は食い止められず
基礎学力の低下につながっていますが
学習指導要領の縛りじゃなく
入試科目数の少ない大学を受けたがる
入試に必要のない科目は欠点でさえなければいいや

っていう
高校生の姿勢にこそ問題、あるんすけどね。

[PR]

by gabefunyaa | 2016-06-29 20:30 | 教育談義 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/25963686
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by M・K at 2016-06-30 02:38 x
クレーンの資格を持っていますが、学科内容はそれこそ中学レベルの物理の知識で成り立っている訳で
そのあたりは正直面くらった記憶があります。(苦笑)

余談ですが、受験に関係ない科目で手抜きと言えば、社会科系統の科目は頭が痛いですね。
非常勤講師で勤務していた塾である高校生から「社会は暗記科目だと先生から言われました」と聞いた時は
生きている知識にもならず受験対策としても成り立たずで
両方の意味で頭を抱えたことがあります。
Commented by gabefunyaa at 2016-07-03 21:36
★>M・Kさん
うわー!理科すらも暗記科目だと思ってる人がおるわけですが(必要最低限の知識を暗記したうえで、それを使って「考えないと解けない」というのが実情)
さてつい先日、日本史のテストで、漢字を間違えないようにヒントの語群が添えられているのに鳥獣戯画の写真に対して「信貴山縁起絵巻」と答えている答案を偶々よそ目で見て「新聞広告は見ないのか」と苦笑したばかりなので「社会は暗記科目」はアカンやろと

<< 些末なことに追いまくられる さよならなんだな >>