ミニマリストとそうでない人の決定的な違い

一日数個ずつこれは要らいzないというものを捨てて行くことを繰り返し
要らないものを手元に残さない
要らないものを新たに手に入れない
という
お片付けノートの行動改善
これを
「こんまり」さんは真っ向から否定されてるように読めるのですが
ただ単に
彼女のやり方としては合わなかった、だけで
たいていの人の場合は
持ち物を全部出して判断していく方がつらいのではなかろうか、と。

で、
ある程度散らかさない習慣になってきました。
床の上にモノがあると正直気持ち悪い、という感覚がついてきたのであります。

さて
ミニマリストってのは
いざ必要性が生じた時に新たにそれを手に入れられる
っていう条件がないと無理じゃないかな
ということに気が付きました。
捨ててしまうのが怖い(=手に入れられないかもしれない)
からかもなあ、と。

使えるモノはぼろぼろになるまで使い倒してから捨てる
使うつもりのないものは状態がいい間にどこかに譲渡する
うまくいかなかったらやむなく廃棄
ってのが
私にとっては一番いいモノとの付き合い方のようです

人気ブログランキングへ
[PR]

by gabefunyaa | 2016-07-15 09:53 | お片付けノート | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/26014873
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< ゴミ収集日との戦い[大げさ] 些末なことに追いまくられる >>