なんだかねえ

ニュースを見るに性同一性障害の人に対して
社会的配慮をするのが当たり前だというトレンドが形成されつつあるようですな
ただ、性同一性障害の人たちは、
職に就いたり、学生生活を(ほかの人に、気取られないように気を遣いつつであれ)送ってる
あるいは、送ってきたわけですよ。

精神障碍者や、知的障碍者にとっては
職に就いたり、一般の人と一緒に学生生活を送るっての、
なんでだか知らないけど、周囲のほかの人たちの持つ「気分的障壁」が高すぎて
困難なことだというのが今の日本での現実なんですよ。

ツイッターちらちら見るに、
今回の一件で
精神障碍者=凶悪犯罪予備軍→排除すべき
なんて極論を『正論みたいに』言いだす人もおりますし、
知的障碍者なんて別にどうなってもいいじゃん、と思ってる人もおるようです

性同一性障害の人の生き辛さを解消する、ってことも大切でしょう

声をあげることもできないものも
声を上げたらもっと強い偏見にさらされるだろうと思って黙っているものもいる
精神障碍者や知的障碍者の人権のこと、
抜け落ちてしまってるのが世の中じゃなかろうか

そんな気がして、うつうつとしておりますよ、ええ。

人気ブログランキングへ
[PR]

by gabefunyaa | 2016-07-27 21:00 | テーマトーク | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/26054856
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< どうせ髪を切るのなら ポテトサラダ >>