実家の片付けやってると考えが変わってくる

毎日続けることで行動パターンが変わるのが #お片付けノート のやりかた
なわけですが
実家の片付けやってると
何見ても「実のところは要らない」んじゃなかろうか
という風に考えが変わってきているのを感じます。

ガンガン片っ端からゴミにしてるみたいなもんですが
やっちまったなあ
と後悔しているのは
後から考えたら要るものだったよなあ、という金融機関関連のモノ
(ウン、何も考えずに定期預金の証書を処分しちゃってるんですわ、これが…)
だけで
これもデータが残ってれば大きな問題ではないわけですし、

これだけ処分処分しても減らないのはきつい

・最初っから余分なものを生活の中に入れないようにしたらいいんだ
・使い切った、と思えたらその時点で処分したらいいんだ
となってまいりました。

ええ、こうなると
誰か貰い手を探したくなってくるのが
なくても困らない収納グッズだったりしてきます。

実家に転がっている引き出し式収納ケース(大)
持って行ってくれる人はないもんだろうか…




人気ブログランキングへ
[PR]

by gabefunyaa | 2016-08-14 20:02 | お片付けノート | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/26107895
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 利用してみました この音としか考えられないんだよな… >>