1983(昭和58)年

 この年に
 JR城崎駅(現在の城崎温泉駅)まで
 福知山線を経ての 大阪からの直通電化が行われた
 当時 私は沿線の 公立高校の2年で
 「電車通学」になるメンバーもいて
 かなり カルチャーショックだった
 当時はまだ 尼崎は 今とは全然違う 小さな駅で
 福知山線沿線にも 住宅は そんなに多くは無かった



私が 大学に進学してから後
 特急北近畿
 (エキサイト・社会ニュース
 これが緊急停止しなければ
 もっと今回の脱線事故の惨事の規模が広がっていたというではないか!)
 が 運転されるようになり
 沿線の住宅地も開発され
 開業当時にはあった 大阪~豊岡の直通快速列車はなくなり
 いつの間にやら 大阪~篠山口までの通勤客輸送が主体 というものに
 「宝塚線」という名称がついた部分は 変わっていた

 先日 北神戸あじさいスタジアムで行われた試合の空き時間
 「おーい 大島 おまえ何年生まれ?」
 「昭和58年です。」
 「えー…俺はその年のドラフト(会議)で指名・・・。」
 という会話が 
 ブルペンからまるぎこえだった
 もちろん 私が衝撃を受けたことは いうまでもない
 あきらかに コーチの方が 世代としては 私と同じということだからだ
 
 昨日 雨の中で投げ合った 大竹・野間口も昭和58年生まれ
 そのころには インターネットなるものができるとは誰も考えもせず
 MS-DOSすらなかった
 パソコンという言い方も無かったなあ
 ( 昭和57年に最初に楽しんだのは 
  機種依存の16進表示の「チャム・ファウ」のイラストの表示だった) 
[PR]

by gabefunyaa | 2005-05-02 06:39 | あれこれ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/2637786
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 心のケアと復興支援 観るマーク・カープバージョン(... >>