心のケアと復興支援

 ・・・最近 何かことがあるたびに
 これらの言葉が 持ち出される

  心のケア って そんな 簡単なもの なのかい?
 (参照してください→:小千谷から「心のケア」というけれど・・・
 参照したこれにあるとおり
 同じ境遇の人達が心をさらけ出しあって
 話し合える環境が大切なんだろう
 そういう意味では 朝日新聞朝刊(5月3日)に報道されていた 
「個人情報保護」をたてに
 (一緒に,という意味で)遺族の提案された情報共有のための
 被害者名簿の提供を拒むってのは まずい対応の上塗りかも
 (一緒に,という)気持ちは伝える って 
 JR西日本の社員とは 話したくない人もいるだろうに
 どうやって伝えるつもりなんだろうか




台風23号の被害の直後に 
 中越大地震が起きたものだから 
 マスコミはそっちへどどーっ
 福岡西方沖地震の余震が 続いているのにエキサイト・社会ニュース
 今回の鉄道事故のほうに どどーっ
 より センセーショナルで
 人をひきつけるものがあったら
 他にも困っている人がいる事なんか 置き去りだ

 「この事故のことも じきに忘れ去られますよ」
 そうなんだよな 
 実際に痛い目に会った人間以外には 対岸の火事だもんな

 事故や 天変地異で 家族を失い
 なかでも 主たる生活の支えてを失った 子どもたちは 将来の夢をかなえるには
 あしなが育英会のような
 団体に頼るしか 道はないのか?
 世の中っちゅうのは 冷たいものだ というのが 現実なんだろうか
  
 今日 台風23号の後の実家の状況を 久々に心配してくれる人がいた
 私の頭には 
 玄海灘の島に住むヒトや
 中越に住む人がどうしてるだろう というのが浮かんだ
たまたまSUNーTV(兵庫県のローカルTV)でも
 豊岡市(メインは旧・出石町鳥居かな?)についての
 旅番組みたいなのをやっていて
 現状はこのとおりですよ と 見せていた
 同じような番組を 新潟出身者の多くいるであろう 
東京のテレビ東京でもやってるのかな


 被害者への「心のケア」を声高に叫ぶ
 でも 自分たちにとっては対岸の火事である人達よ 
 んじゃ 聞くけどさ
 「心のケア」が大切です と言いつつも
 精神科に通院歴があるヒトや
 現在も通院していて 32条のお世話になっているヒト
 精神障害者手帳を持っているヒトを
 白眼視してや いないか?
 犯罪が起こった場合 
 それをすべて 精神障害のせいにして 片付けるということが
 ちょくちょくあるし
 同じように 精神科に通院している人間でも
 PTSDとかは 同情の対象者で
 犯罪者予備軍のような目で見られている 病名の持ち主は
 関わり合いを避けよう と され
 鬱や パニック障害の ヒトの一部には
 (自己評価が下がってしまうためも有るんだろうが)
 身近な人間に 怠けていると 思われているかも
 という不安に さいなまれる人もいる
 彼らの立場は どうよ?
[PR]

by gabefunyaa | 2005-05-02 12:53 | あれこれ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/2639080
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< すっかり野球漬け 1983(昭和58)年 >>