モノを減らす:実践のコツ(2)衣類の手放し方

着る気にならない〔なれない〕モノをどうしてるのか

15年ほど前には、自宅近くで実施されるフリーマーケットに出店して売ったこともありました。

でも、平日に申し込まないと出店できないってのも
実施日が土曜ってのも
私の生活パターンと合わなくなったのと
手間がものすごいので・・・やめました。

人気のあるような衣類なら
それこそ、フリマアプリなどで処分できるんでしょうけどね。
時間が許せば、安い値段でも一枚一枚売っていくのが最良でしょうが
まとめて処分するってのが実際のところやりたいことになっています。

第一の方法は、業者に「安い値段で」引き取ってもらうこと。
条件が整って可能ならこれが一番ですね
宅配買取でも料金を向こうが持ってくれるのでそれだけでも有難い!

次の方法は、活用してくれる団体に求められているものを送ること。
この場合には、送料はこちら持ちですから厳しい上に、
団体によって収集する品目や時期に違いがあるので
確認の上送らねばなりません。

このどちらの場合も、
十分着ることができる衣類に限定しなければなりません。
それ以外のモノ(洗濯してもシミが取れない・ほつれがある・ゴムが伸びてしまっている)は
適切にゴミとして処分です。
我が家のあたりでは市役所のごみ回収に
可燃とは別に「資源ゴミ」(古着類)があるんで気楽です。

さて、たいていの皆さんにとっては衣類が最大の問題なのでしょうが、
私にとってはそうではなかったりします。
また、実家をうろうろしてきますので
続きはその後で。





業者は
エコクロを利用しました

活用してくれる団体は
・年に一度しかやらないけど扱うものの幅が広い
わかちあいプロジェクト 古着支援 2017年6月1日(木)~12日(月)必着

・いつでも受付、ただし扱う品目制限がある
会場収集もやってる
日本救援衣料センター(10年ほど前には職場が偶々すぐ近くだったので直接持ち込んだこともある) 

・受付時期、扱う品目ともに制限のある
リンクは無断で貼っちゃいけないらしい JFSA の3か所に送っています

あ、どこも品物を送る送料のほかに、現地への送料に協力することを求められるので
それは鬱陶しいな、という方には業者利用しかお勧めしません。

[PR]

by gabefunyaa | 2017-03-02 22:20 | お片付けノート | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/26691586
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< せっかくなので 追いまくられる >>