なんだかなあ…

たぶんそうじゃないかな、と思っていたのですが

神戸市北区 の件の事件の犯人
中退、退職…挫折重ね不満蓄積か 5人殺傷1週間

上の息子の通ってた 高等専門学校、しかも同じ学科を中退してるんですな

んで、事件の報道に接して最初に危惧したのですが
ええっと、良く事情をご存じない方は勘違いされると思うんですが
高校の留年、退学とは
全然出現の割合が違うんですわ。
40人入って
気が付いたら35人くらいになってました。
1年のしょっぱなから来なくなったのもおれば、
3年次で「やっぱりここじゃない」ってので
中退してほかの系統の大学への進学を目指すものもおったようです。
んで
あと、
高校と違って 生徒 じゃないんです。
中学出た時点で即 学生 (=自分で自分のことにはちゃんと責任持て) です。

なので上の息子曰く、
成績がいいからというので間違って
ここに進学してしまった
みたいな同級生は
押しなべて楽しくなさそうに過ごしてる
と。

あ、他の高専との決定的な違いは
学生宿舎が存在しない
ってことかもしれませんけどね。

うーん、他人に甘えたいタイプの人には向いてない学校ですし
中退した後のフォローなんて、
何もしてはいただけなかったことだろうな
、と想像つきますね。

今回の犯人の経歴が表に出て
中退してる人たちが
偏見の目にさらされてるんだろうなと思うとちょっと頭痛い
です。
同じ様な環境にいても
その後どうなるかは
何といっても当人次第。
そのくらいのこと、わからない人が大人に多いってのもなんともはや情けないんですけどね。


人気ブログランキングへ
[PR]

by gabefunyaa | 2017-07-23 18:55 | 教育談義 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/27006036
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by antsuan at 2017-07-24 14:44
学校と名がつくところで履修する人々を生徒と称すると思っています。
本来の大学は学問を研究するところであって教育するところではないのです。防衛大学校にしろ税務大学校にしろ、専門学校は技術を習得する為のところなので、学生とは言わないと聞いたことがあります。
日本の教育制度が狂ってきたのはこういう認識が無くなったからではないでしょうか。
Commented by gabefunyaa at 2017-07-27 12:39
☆>あんつぁんさん
高専は、短大に予備学校がくっついたという感じ(統計上の扱いを見るとそう)なので「学生」扱いなのでしょう。
高等学校の学習指導要領の適用からも外されております。
学問を研究するところ、という色合いはそれなりにありますので、ご指摘とはちょっと違うような気がします。
おそらく、高専ができた頃(「学生」であることを理解して入学してきた)と今の実態(高校と同じように上にある大学への進学の手段と考えて入学)にずれができちゃっていることのほうが問題ではないか、と。

<< 珍しいことではないのかもしれないが… こうも暑いと… >>