報道に思うこと

「異質な相手との対話」これ難しいんだよなあ
ついつい 似たり寄ったりの価値観を持つ人と接触することが
増えちゃうのが人間の生活というわけで。




え?っていわれるかもしれないが
過ごしている 社会生活が価値観を変えますよ。
つまり サラリーマンならサラリーマンなりの
フリーターならフリータなりの ものの見方 が形成され
エリートと自認する人はそういう人としかつきあわない傾向だから…
会社に所属してないことが多い女性は
そういうもんから自由なはずなのに
夫の社会的立場を引きずっちゃう人が多いのは
いったいどういうことやねん?って感じですけどね。

プロ野球選手の年俸が高い!って怒っている人
サラリーマン諸兄には結構いるみたいですが
給与所得者なら【給与所得控除】で片付けられたり
自腹を切らずに 会社側から非課税分として出してもらえそうな分も
彼らは「個人事業主」だから
経費としてちゃんと税務処理せんならんわけですよね。
「億万長者のストライキ」なるタイトルで
今回のストライキについて批判的な社説も出ているようですが
活躍している選手が
誰も彼も1億近くもらっているわけじゃないっすよ

赤ゴジラ(55嶋)=700万 寛ちゃん(17大竹)=650万
あ そうそう
外資系保険会社の敏腕営業さんも 個人事業主扱いで
一億円レベルのヒトとか珍しく無いんですよね
(こっちが批判されないのは、どういうことなんでしょうかねえ??)

球団経営者と選手会の団体交渉って
「異質な相手との対話」
だからかなりきついでしょうなあ。
一般の労働組合と経営陣の話しだと
経営陣が雇われ(一般従業員上がり)だから まだ 話し易いのかもしれませんね。
[PR]

by gabefunyaa | 2004-09-19 11:28 | あれこれ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/295687
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 平穏な1日 刺激も大事だが,その後の工夫こそ >>