夏に一区切り

 やれるだけのことはやった
 今夏は まるっきり 教採の対策に 時間がとれなかった
 (ここまで とれなかったのは 珍しい)
 という トホホな 状況の下で
 理科の教師@高校・物理 になる 
 を目標に掲げて走り出した 高校生の時からの
 約25年(……)に及ぶ 私の挑戦は おそらく ここで終わりだ
 しかし
 なんかあっけないというか 何というか





 体調整えて
 「防火管理者講習会」に出て
 マンション管理士試験を目指して 秋口から勉強するとすっかなー

 いかん!その前に 放送大学@修士 のテストと
 来期の履修手続きじゃ~!
 いまさらだけど、専修免許状 取るぞ-!

 来年からは 税理士になって○○だ!で突っ走ります(マジ) 

 ↑教員採用試験(1次試験)を 終えた 当日の感想を
 紙に書いておいたもの を UPしました

 教員採用試験会場 他の座席にいる(つまり、集団面接が同じな)のは
 あたりまえとはいえ 大学4年生だったりしたわけで
 「しかしあれだなあ・・・野村謙二郎は 
  大竹や大島には いくらなんでも タメ口では喋らんのになw」と
 妙な感慨に浸ったりもしました
[PR]

by gabefunyaa | 2005-07-26 07:00 | あれこれ | Trackback | Comments(1)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/3190445
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by zwei at 2005-07-26 20:08 x
約25年の挑戦とはすごいですね。
知り合いの中に教員を目指している人がいますが
果たして25年トライし続けるかどうか…。
僕もそのくらいの熱意でもって挑戦できることを
早く見つけたいと思います。
放送大学@修士のテスト、頑張って下さい。

<< 更新が お気軽なのがBLOGの特色 文系・理系=便利で罪深きレッテ... >>