なんで子どもの方が監視される対象にならにゃいかんの?

 ここ数日考えていた事だが
 日本はぬるい
 「犯罪者の人権」と「被害者、そして被害を受けるかもしれない子どもたち」と
 どっちが重要だと思ってるんだろうか

 このニュースを読んだら余計にぞぞっときた
Excite エキサイト : 社会ニュース





何食わぬ顔をして日常生活送ってるんだろうな,犯人・・・って。
※こういう とんでもない事をする人間について 他の社会での扱い
 ベースボール短編集 さんに 詳しくあります

 さて、更生させるための十分な措置が 取られているとは言いがたい刑務所
 それが現実である以上
 ICタグをつけて
 地域全体で「再犯しないように」見守って行かねばならないのは
 子ども達ではなく
 野に放たれた ヤバイ人々の方なのでは?

 そして このニュース
 なんでもないようだけど 
 無期懲役ではなく 「終身刑」が妥当だとの意見を述べているように
 私には思える表現がされています
 判決理由で大島裁判長は「幼い命に対する慈しみの念を欠く極めて冷酷で残虐な犯行。同年代の女児を子に持つ親に与えた不安は深刻」とした上で「被告の再犯の恐れも否定しがたい。終生、反省悔悟の日々を送り、被害者の冥福を祈り、罪を償わせるのが相当」と述べた。
 (無期懲役、模範囚だったら案外短い刑期で出られる、って
 皆さん ご存知ですよね?)
 エキサイト社会ニュース;高崎市の小学1年女児殺人事件に判決
[PR]

by gabefunyaa | 2005-12-09 07:07 | あれこれ | Trackback(3) | Comments(6)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/3882236
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 獏の食わず嫌い at 2005-12-09 09:36
タイトル : 怒りと悔しさと感謝と・・
最近のニュースを見るのが嫌で嫌で、ついつい逃げてしまっていたのだけれど、今日、ご飯を作りながらこのニュースを目にして凍り付いてしまった。小5女児殺人事件が時効にこの被害女児のお父さんが手記をつづっていた。その人はかつてJr.や子りさが赤ちゃんの時大変お世話になったお医者さんT先生だった。Jr.は赤ちゃんの時大変な人見知りで、医者に行くのにも泣いて暴れて一苦労。小児科の先生には「ちゃんとしつけなさい」と叱られたりしたので、当時新米ママの私はすっかりへこんでしまったものだった。けれど、T先生は「はいはい、...... more
Tracked from へろぐ at 2005-12-09 21:41
タイトル : 栃木小1猟奇殺人
ニュース等の報道を見るたびに、胸がムカムカしてきます。マジ気持ち悪い・・・。  12/2の日記(今... more
Tracked from ベースボール短編集 at 2005-12-10 00:17
タイトル : 加害者と被害者
Excite エキサイト : 国際ニュースペルーでも「悪魔がきた」 13年前、女児暴行で供述 [ 12月04日 15時33分 ] 共同通信 【グアダルーペ(ペルー北部)4日共同】広島の小1女児殺害事件で逮捕されたフアン・カルロス・ピサロ・ヤギ容疑者(30)が、1992年にペルーで女児への暴行容疑で取り調べられた際、「悪魔が自分の中に入ってきた」と供述していたことが3日、当時の検察の記録で分かった。同容疑者は、広島の事件の取り調べに対しても同様の供述をしている。 92年の事件の被害者の父親(42...... more
Commented by りさ・ふぇるなんです at 2005-12-09 10:38 x
すみません、3つくらいTB送ったかもしれません(--)
削除してください。

ほんまに子ども育てるのがこんなに難しい世の中になるとは・・。
未遂とか軽い罪でも思いっきり罰を重くするしかないんでしょうね。
もの凄い特別な刑務所に入れるとか。
そういうための税金なら払ってもいいな・・私。
Commented by gabefunyaa at 2005-12-09 13:23
☆>りさ・ふぇるなんです さん
今朝の新聞を見て、なんてひどい話だろうと思ったところだったのですよ・・・。
時効成立したらやった事も無かった事になるのか?
それはどう考えてもおかしいぞ、と。
Commented by 左利き用のキャッチャーミット at 2005-12-09 14:57 x
難しいですよね。イスラム圏のように14世紀を基準に考えている社会構成なら犯罪者の罰則や監視を「感情的に」執行できるのでしょうけど、我々が属する自由社会ではそれができない。やってしまうと二律背反になりかねませんよね。西側でも公安関係者や特殊な司法機関、軍事期間では密かに実行していますが、今騒がれているような対テロ活動でも理想主義の一般人に「違った形で」印象を持たれてしまいますし・・・。やれば批判されるし、やらぬとも批判される。本来の自由の定義(リスクと有難さ)を我々一人ひとりが再認識しなければなりませんね。
Commented by gabefunyaa at 2005-12-09 15:55

> 左利き用のキャッチャーミット さん
仰る事いちいちしごく御尤もです。
「本来の自由の定義(リスクと有難さ)を我々一人ひとりが再認識しなければなりませんね。」
自由とは勝手な気まま欲望のままに生きる事ではなく,社会の一員であるという共通認識を持った人々の集団があってこそのものだと。子どもが行動の自由すらままならない、のが現実なのかと思うと・・・。
Commented by ハムぞー at 2005-12-11 08:21 x
終身刑は、死刑廃止論とセットになるものです。
無期懲役は仰せのとおり模範囚は結構早く出てきます。
しかし世の中が段々すさんでいくので、刑務所も満杯です。また受刑者の人権ばかり大切にされ、被害者は本当に何の手当てもありません。

終身刑にするのなら、江戸時代の「島流し」のように無人島に送り込み、自分で自給自足をし、天に生かされていることを悟ってほしい、とさえ考えてしまいます。

取りとめもなく、失礼しました。
Commented by gabefunyaa at 2005-12-11 19:00

>ハムぞーさま
私は少年犯罪に関わるポジション(少年院の法務教官)への就職をちょっと考えた事があるんです。・・・たぶん仕事にのめりこんでしまってにっちもさっちも行かなくなるだろうな、と思って辞めましたが。
刑務所が満杯になる、やりきれない世の中です。
「社会に受容されていない人々の存在」知的障害や精神障害で刑務所でやっと人間らしい暮らしができたと語る人々がいる、ことを忘れてはだめだ、と思う事もありますね。
被害者はイエローペーパーや週刊誌にさらし者にされ、ヒトを殺しても責任能力(無能力を装おうと思えばできるんでは?)がなけりゃ裁かれない。精神疾患であっても、通常と同じに裁かれるほうが「精神疾患をかかえている,犯罪をやらない多くの人への偏見を防ぐためには大切だ」、という意見が、精神疾患を抱えている当事者側から出されていたりもします。

<< 気付いていないだけで まもなく通算訪問者50000人 >>