ちょっと見た本

時々短い書評かきます

 まずは、『高学歴ノ-リターン』



 昨日立ち寄った書店で 手に取った感想

 「おまえに言われんでもわかっとる」

 丙午世代としては (まめ)たぬき高学歴なんでしょうが
 めっちゃくちゃ低年収
 だと思います(末端労働者ですからね:苦笑)

 学歴は「勉学そのほかの道楽」に どれだけいそしんでいるか
 の 指標なので
 これがよければ 世間で成功する ってモノじゃない事は
 冷静にちょっと考えりゃ
 わかりますよ。

 そして
 成功する=大金を手に入れる
 でないことも わかりますよね。
[PR]

by gabefunyaa | 2005-12-14 13:02 | あれこれ | Trackback(2) | Comments(0)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/3904322
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ニート・ひきこもりのため.. at 2006-01-21 09:18
タイトル : 高学歴ノーリターン / ギャンブル社会の到来
高学歴ノーリターン The School Record Dose Not Pay 「下流社会」「格差社会」「階級社会」「二極化」ということばが流行っております。 その流行に図らずも乗ろうとした本。 要するに、高学歴で有名会社に入ったり、公務員になれば価値なのか?ということを書いた本...... more
Tracked from スチャラカランナーの日々 at 2006-03-21 14:30
タイトル : 「高学歴ノーリターン」中野 雅至/著
 「高学歴ノーリターン」中野 雅至/著読みました。著者は同志社大学卒業後、地方公務員を務め、国家公務員試験を受けて官僚(厚労省)になり、現在は兵庫県立大学で助教授を務めているそうです。1964年生まれということですので私とほぼ同じ世代ということになります。  まずこの本で語られる高学歴というのは基本的には高学校歴と言い換えた方がより的確にその意味合いが伝わるのではないかと思います。東大に象徴される難関大学を卒業したこと、入学までに払った勉強に対する努力やコストに対して現在の社会の体制は見合った待遇を...... more

<< ほぼ週刊・四国アイランドリーグ... お酒バトンだ,酔っ払い >>